ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > 歴史に残るデッドヒート、熾烈なトップ4争い…今季プレミアを数字で振り返る

歴史に残るデッドヒート、熾烈なトップ4争い…今季プレミアを数字で振り返る

1

2019年05月13日 19:14  サッカーキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真2018−19シーズンのプレミアリーグを振り返る [写真]=Getty Images
2018−19シーズンのプレミアリーグを振り返る [写真]=Getty Images
 マンチェスター・Cの連覇で幕を閉じた2018−19シーズンのプレミアリーグ。リヴァプールとの歴史に残るデッドヒートはもちろんのこと、最終節までもつれたトップ4争い、そして中堅クラブの健闘など見どころの多い1年となった。

 そんな歴史に残るシーズンを、データ会社『Opta』が発表した情報をもとに15の数字で振り返る。

写真=Getty Images

「5」



1位マンチェスター・Cと2位リヴァプールが敗れた試合数。トップ2の敗戦数としては、プレミアリーグ史上最も少なかった。特にリヴァプールはシーズン1敗。1月3日に行われたマンチェスター・Cとのアウェイゲームに1−2で敗れただけだった。

「7.69」



4月23日には、プレミアリーグ史上最速ゴールが生まれた。サウサンプトンのアイルランド代表FWシェーン・ロングが第31節ワトフォード戦で、キックオフから「7.69秒」という早さで先制ゴールをマーク。トッテナムに所属した元イングランド代表DFレドリー・キングが、2000年12月9日に行われた第17節のブラッドフォード戦で樹立した「9.82秒」を上回った。

「12」



リヴァプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー・アーノルドが、最終節のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ戦でシーズン12個目となるアシストを記録。DF登録選手としてプレミアリーグ新記録を樹立した。これまでの記録は、レイトン・ベインズとアンディ・ヒンチクリフというエヴァートンの元イングランド代表サイドバック2人が達成した11アシスト。リヴァプールのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンも今季11アシストを記録し、歴代2位タイに名を連ねた。

「12」



今季のプレミアリーグで最も優れた連携力を発揮したのが、ボーンマスに所属するスコットランド代表MFライアン・フレイザーとイングランド代表FWカラム・ウィルソンのコンビだった。彼らは互いのゴールをアシストし合った数が「12」とリーグ最多を記録。彼らに続くのが、マンチェスター・Cのイングランド代表FWラヒーム・スターリングとドイツ代表MFレロイ・サネのコンビで、互いのゴールを4つずつアシストした。

「16歳30日」



5月4日に行われたウルヴァーハンプトンとフルアムの一戦では、プレミアリーグ最年少出場記録が更新された。2003年4月4日生まれ、フルアムのMFハーヴェイ・エリオットが16歳30日でピッチに立った。それまでの記録は、フルアムOBのガイアナ代表DFマシュー・ブリッグスが2007年5月に樹立した16歳68日だった。

「19」

マンチェスター・Cは今季、プレミアリーグで対戦した全19クラブから勝利を収めた。昨季に続く2年連続の快挙達成となる。2シーズン連続で対戦した全てのクラブから勝利を奪ったのは、イングランドのトップリーグ史上2度目のこと。1888−89シーズンと1889−90シーズンにプレストン・ノース・エンドが成し遂げて以来、実に129年ぶりの記録達成だった。

「21」



ゴールデングローブ賞に輝いたのは、リヴァプールのブラジル代表GKアリソン。プレミアリーグデビューシーズンながら、最多の21試合でクリーンシートを達成した。総失点もリーグ最少の「22」と、まさに鉄壁の守備を誇った。

「22×3」



リヴァプールのエジプト代表FWモハメド・サラーとセネガル代表FWサディオ・マネ、アーセナルのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが22得点で今季のプレミアリーグ得点王に輝いた。3選手が同スコアで得点王に輝くのは、元トリニダード・トバゴ代表FWドワイト・ヨーク氏(当時マンチェスター・U)、元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏(リヴァプール)、元オランダ代表FWジミー・フロイト・ハッセルバインク氏(当時リーズ)が揃って18得点を記録した1998−99シーズン以来のことだった。

「71」

今季はドローゲームがトータル71試合。プレミアリーグ史上、最も引き分けの少ないシーズンだった。特にトッテナムは、開幕から28試合連続で引き分けなしというリーグ新記録を樹立した。一方、アウェイチームの勝率は史上最高の34%を記録。敵地であっても積極的に3ポイントを狙うチームが多かったと言える。

「71歳276日」



クリスタル・パレスのロイ・ホジソン監督は、71歳276日で今季のプレミアリーグ最終節を迎えた。すると、リーグ最年長監督に率いられたパレスは、ボーンマス相手に5−3で勝利。指揮官にとっては、プレミアリーグ通算100勝目となる白星だった。

「97」

リヴァプールが今季獲得した勝ち点97は、プレミアリーグ史上3番目の好成績になる。これを上回るのは、昨季のマンチェスター・C(勝ち点100)と今季のマンチェスター・C(勝ち点98)だけ。優勝を逃したクラブとしては、2011−12シーズンのマンチェスター・Uの89ポイントを上回る史上最多勝ち点だった。

「141」



今季のプレミアリーグで“首位”にいた期間が最も長かったのはリヴァプール。「141日間」はマンチェスター・Cよりも16日多く、クラブ史上最長記録だった。なお、優勝を逃したチームで“首位”にいた期間が最も長かったのはニューカッスル。1995−96シーズンに212日間にわたって首位の座を維持していたが、王者に輝いたのはマンチェスター・Uだった。

「195」

1位マンチェスター・C(勝ち点98)と2位リヴァプール(勝ち点97)の両チームが獲得した勝ち点の合計数。勝利に勝ち点2ポイントが与えられていた1981年以前の成績を3ポイント制に換算したとしても、上位2チームの合計勝ち点としてはイングランドのトップリーグ史上最多となる。

「1072」

今季のプレミアリーグは、全20チーム制になって以降で史上最多となる1072ゴールが生まれた。そのうち17%にあたる184ゴールは、1位マンチェスター・C(95得点)と2位リヴァプール(89得点)が奪った。

「2088」



マンチェスター・Cは今季、2088分間にわたって相手チームからリードを奪った。これはプレミアリーグのシーズン最長記録。先制した試合数が「34」というのもリーグ新記録だった。なお、相手にリードを許した時間は、1年で132分に過ぎない。ブライトンとの最終節でも、先制点を奪われてからわずか83秒後に同点に追いつき、逆転勝利を飾った。

(記事/Footmedia)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定