ホーム > mixiニュース > 海外 > 2報:パプアニューギニアでM7.7 高さ0.3〜1mの津波のおそれ 米当局が予測

2報:パプアニューギニアでM7.7 高さ0.3〜1mの津波のおそれ 米当局が予測

4

2019年05月15日 00:21  ハザードラボ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ハザードラボ

写真パプアニューギニアでM7.7(USGS)
パプアニューギニアでM7.7(USGS)

 パプアニューギニアで14日午後10時ごろに発生した推定マグニチュード(M)7.7の地震について、米ハワイの太平洋津波警報センター(PTWC)は、パプアニューギニア周辺の沿岸地域では最大1メートルの高さの津波が予想されると津波警報を発表した。
  この地震は日本時間14日午後9時58分、パプアニューギニアのニューブリテン島北部を震源とするもので、震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは7.5〜7.7と推定される。
 PTWCによると、パプアニューギニア沿岸では高さ1メートルに達する津波が予測されるほか、日本や台湾、グアム、フィリピン、パラオ、ニューカレドニア、バヌアツなどの沿岸でも30センチ程度の津波の可能性があるという。日本への影響については、気象庁が詳しい分析を急いでいる。
 ニューギニア島のパプアニューギニアでは、今月7日にもM7.1の地震があったばかりだが、このときの震源の深さは140キロとかなり深かった。

このニュースに関するつぶやき

  • 津波は無いそうで���顼�áʴ���ほっとしました。でも、帰り道、普段なら静かに流れる入り江潮の満ち干が音たてて波立ってたから、何らかの影響はあるんだろうなーと���顼�áʴ���
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 何も被害が無い事を祈ります…
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定