ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > デジタル製品 > 実売12万円台のDaVinch Resolve専用キーボードも登場

実売12万円台のDaVinch Resolve専用キーボードも登場

0

2019年05月15日 12:13  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真Blackmagic Designの2019年テーマは「8K」だ
Blackmagic Designの2019年テーマは「8K」だ

 撮影機材や動画編集ソフトなどを手がけるBlackmagic Designが、都内で新製品展示会を開催し、8K対応の製品を中心に順次出荷を開始すると発表した。



【その他の画像】



●テーマは「8K」で専用キーボードも用意



 今回の展示会は、2019年4月にラスベガスで開催された放送機器展「NAB Show」に出展した8K対応の新製品を日本で披露するためのもの。メディアだけでなく、放送や映像関連の関係者が多数参加し、イベントは盛況だった。



 同社における2019年のテーマは「8K」だ。そのきっかけは、2017年に同社のグラント・ペティCEOが日本で開かれた展示会「Inter BEE」の会場で、NHKが展示していた8K映像のデモに心を動かされたり、商談の中での8Kに期待する声が多数聞かれたりしたことだという。



 動画編集ソフトの最新版となる「DaVinch Resolve 16」では、新機能を100以上備えた。中でもスピーディーな編集作業時に利用するカットページの追加や、NVIDIAと共同開発したニューラルエンジンを利用して、動態認識で不要な被写体を除去したり、スローモーション時にフレーム間を自動補完したり、顔認識による人物ごとのフォルダ分け機能などが加わった。



 DaVinci Resolve 16での編集作業に適した専用のメカニカルキーボード「Davinci Resolve Editor Keyboard」は、ダイヤル操作で高精度かつ素早い操作に加え、複数のキーを組み合わせたショートカット操作が不要になるなど、編集作業のさらなる効率化が可能になる。発売は7月の予定で、価格は税別11万3800円だ。



 なお、ここで紹介した製品の一部は、5月22日と23日に秋葉原UDXにて行われる「After NAB Tokyo 2019」のBlackmagic Design出展ブースに展示される予定だ。興味のある人は足を運んでほしい。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定