ホーム > mixiニュース > 海外 > ケガ人続出すべり台 2日で閉鎖

ケガ人続出の全長38mすべり台、開設2日で閉鎖

191

2019年05月15日 13:31  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
スペインで最長となる全長38メートルのすべり台が作られたが、ケガ人が続出。オープン2日目にして閉鎖されたという。

その他の大きな画像はこちら



スペイン・アンダルシア州にあるリゾート地コスタ・デル・ソルに設けられたこの滑り台は金属製で、340万円ほどかけて完成。高さの違う場所にある歩道をすべり台で繋ぐことで、移動時間を10分ほど短縮する目的で作られたが、傾斜がなんと32度から34度とかなり急な坂で、スピードがかなり出てしまうものとなってしまった。

1000人以上の人間がすべり台をすべってみたそうだが、何名か怪我を訴えることに。結果、安全上の保証をチェックするために閉鎖されることとなった。

ネットでは「金属製だから火傷しちゃうんだな」「見るだけで結構怖い」「意外と楽しそうでもある」「8歳の子が設計したのかな?」「すべってみたい」といった声が上がっている。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20190554486.html


このニュースに関するつぶやき

  • 早くもスベったか。( ̄^ ̄)ゞ https://mixi.at/a8jtwKn
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • オープン前にテストしないのか…�ۤ���
    • イイネ!95
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(147件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定