ホーム > mixiニュース > 海外 > 原油先物が上昇、中東情勢緊張で供給懸念 米在庫増の影響限定

原油先物が上昇、中東情勢緊張で供給懸念 米在庫増の影響限定

1

2019年05月16日 06:01  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米国時間の原油先物は上昇。米原油在庫が予想外に増加したものの、中東情勢の緊張感の高まりが世界的な原油供給に悪影響を及ぼすとの見方が支援した。


北海ブレント先物<LCOc1>の清算値は0.53ドル(0.7%)高の1バレル=71.77ドル。米WTI原油先物<CLc1>は0.24ドル(0.4%)高の62.02ドル。


米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が15日公表した週間石油統計(10日まで)によると、政府の戦略石油備蓄(SPR)を除く原油在庫<USOILC=ECI>が予想外に増え、2017年9月以来の高水準を記録した。

このニュースに関するつぶやき

  • トランプは、石油メジャーのお友達
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定