ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 音楽と原盤権をブロックチェーンで配布 Maltine Recordsらが実証実験

音楽と原盤権をブロックチェーンで配布 Maltine Recordsらが実証実験

0

2019年05月16日 17:20  KAI-YOU.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

KAI-YOU.net

写真 音楽と原盤権をブロックチェーンで配布 Maltine Recordsらが実証実験
音楽と原盤権をブロックチェーンで配布 Maltine Recordsらが実証実験
ブロックチェーン技術の導入コンサルティングを行うBlockBase株式会社が、ネットレーベル・Maltine Recordsと、ギーク×ナード集団・コバルト爆弾αΩとのコラボによって、NFT(互いに代替することができない独自性を備えたトークン)を活用した音楽配信の実証実験を始めた。

【音楽と原盤権をブロックチェーンで配布 Maltine Recordsらが実証実験の画像・動画をすべて見る】

ブロックチェーンにより権利関係が明示された形で、音源制作者が持つ原盤権の一部を、音源データと共に譲渡するというこれまでにない今回の試み。

原盤権がオープンになることで、音源の複製権・譲渡権、著作権の翻案権・演奏権を行使することが可能となり、例えば、音源のコピーや配布、Remix、カバー演奏などが、音源制作者にその都度許可を得ることなく自由に行えるようになる

「音楽コンテンツ × ブロックチェーン」の取り組み始めます!

音楽の原盤権の一部をトークン化します!
今回のために制作された4曲を限定4トークンとして配信!

BlockBaseとMaltine RecordsがNFT (Non Fungible Token) を活用した楽曲配信の実証実験を開始 https://t.co/lNN3HWTla4

— Kohei Tanaka 田中康平 (@kolife01) 2019年5月16日



デジタルコンテンツとブロックチェーンの可能性



今回配信される4つのMP3形式での音楽はコバルト爆弾αΩがプロデュースした、テクノポップユニット・Mitaka Soundによる楽曲「ACID ACID EP」。さよひめぼうさんやGassyohさんによるRemixも用意されている。

それら4つのMP3ファイル1つ1つを原盤として捉え、権利関係を明示したブロックチェーン上のトークンとする、つまりその原盤権を付与したトークンを配布する。

トークンは、BlockBase株式会社が運営するNFTのマッチングプラットフォーム・bazaaar上で行われる抽選の当選者にのみ配布される。抽選応募期間は2019年5月16日(木)から22日(水)まで(外部リンク)。

なお、原盤権が付与されないMP3ファイルは、別途無償で配布される予定だ。(外部リンク



今回の実証実験の目的について、BlockBase株式会社とコバルト爆弾αΩはこうコメントしている。

Blockbase
音楽などのコンテンツのデジタル・アセットの配信には、DRM(デジタルデータとして表現されたコンテンツの著作権を保護し、その利用や複製を制御・制限する技術の総称)的な考えがつきものですが、利便性と複製禁止の実効性を踏まえると、視聴するための権利を販売するような形態は現代には馴染まないという仮説に基づき、原盤権が与えられた音楽ファイルと原盤権の与えられていない音楽ファイルの価値に明瞭な違いを持たせる事を当実証実験の目的としております。プレスリリースの「Blockbaseについて」から抜粋


コバルト爆弾αΩ
ブロックチェーンを用いた音楽リリースが、フリーミアムモデル・サブスクリプションモデルの音楽配信によって忘れられつつある「音楽の価値」を取り戻すきっかけとなられることを願って已(や)みません。プレスリリースの「コバルト爆弾αΩについて」から抜粋


実証実験と銘打たれているように、まだまだ手探りの段階ではある。

しかし、ブロックチェーンにおけるゲームコンテンツ以外の適用例を模索してきたBlockBase株式会社と、2005年からネット上で楽曲を無料リリースし続けるネットレーベルとしてtofubeatsさんはじめ多くのアーティストを輩出してきたMaltine Recordsに加えて、自身の音楽活動はもちろん夢眠ねむさんらへのRemixを提供してきたコバルト爆弾αΩという3者による万全の布陣で迎えるコラボである。

デジタルコンテンツをはじめ、音楽流通の未来を考える上で重要な実験になるのは間違いないだろう。





    あなたにおすすめ

    ニュース設定