ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 筑波大「照明プラネタリウム」

これは押さずにはいられない...! 筑波大の「照明プラネタリウム」が最高に粋だった

36

2019年05月16日 18:30  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真好奇心を掻き立てるスイッチを押すと...(画像は筑波大学提供)
好奇心を掻き立てるスイッチを押すと...(画像は筑波大学提供)

2019年5月15日、ツイッターユーザーのおおちま(@ITF_biol18)さんが投稿したのは、筑波大学(茨城県つくば市)のとある照明スイッチ。なぜか、春夏秋冬と星座の名前が書かれたシールが貼ってある。

スイッチを入れると、春は北斗七星、夏はさそり座、秋はカシオペア、冬はオリオン座と、四季それぞれの代表的な星座をかたどった照明が点灯するのだ。


ツイッターでは、「筑波大学粋スギィ!」「その発想は無かった」といった声が寄せられ、16日18時半の時点で3万9000件を超えるリツイートを獲得しているなど、大きな注目を集めている。

おおちまさんはリプライ(返信)の中で「見つけるのに1年かかった」としており、同校のOBだというユーザからも場所を尋ねるリプライが寄せられている。知る人ぞ知る粋なプラネタリウムについて、Jタウンネットは5月16日、筑波大学に取材した。

建物と星座の方位も合わせた

筑波大学の広報担当者によれば、この照明は学生用の広報掲示板がある2B棟二階中央、吹抜けのホールにあるとのことだ。

春の北斗七星(画像は筑波大学提供)

秋のカシオペア(画像は筑波大学提供)

存在を知らない学生もいるようだが、設置されたのは2014年度、建物のリニューアル工事の際だという。

「整然と配置するのではなく、四季をイメージしてもらえるようなデザインとした」

といい、星座の方位と建物の方位も合わせるなど、見えないところまで手が込んでいる。

筑波大学粋すぎる pic.twitter.com/AgIBdkIN1f
- おおちま (@ITF_biol18) 2019年5月15日

星座に明るくない人でも、これなら楽しんで覚えられそうだ。ちなみにツイッターで話題になったスイッチ部分のシールは、大学側が確認したところ「春」「秋」が逆になっており、現在は元に戻っている。最初から逆だったのか、5年の間に誰かが貼り換えたのかは分からない。

左は訂正前(おおちま@ITF_biol18さん提供)、右は訂正後(筑波大学提供)

このニュースに関するつぶやき

  • これは面白い
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • これぞ、プラ「ネタ」リウム�Ԥ��Ԥ��ʿ�������( ・ω・)�Ԥ��Ԥ��ʿ���������������
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

あなたにおすすめ

ニュース設定