ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 間違いだらけの化粧品選び…ケアは化粧水のみ、いくつも重ね塗り、頻繁に商品変える

間違いだらけの化粧品選び…ケアは化粧水のみ、いくつも重ね塗り、頻繁に商品変える

3

2019年05月18日 21:11  Business Journal

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Business Journal

写真「Gettyimages」より
「Gettyimages」より

「オールインワンの化粧水だけでは保湿が不十分」「肌の活性化のためにスキンケアアイテムはこまめに変えるべき」など、世間には明確なエビデンスがない美容情報が氾濫している。そこで今回は、科学的な視点で化粧品を評価するビューティサイエンティストで化粧品開発コンサルタントの岡部美代治氏に、スキンケアアイテムの間違った選び方・使い方を指摘してもらった。


●配合されている成分だけで選ぶのは間違い


 スキンケアアイテムを選ぶとき、肌への効果、テクスチャー、値段など、人によって重んじるポイントはさまざまあるが、化粧品に含まれる成分を決め手としている人も多いのではないだろうか。


「化粧品にとって配合されている成分はとても重要ですが、それだけで選んでいると本当に効果的なアイテムに出会えないことがあります」(岡部氏、以下同)


 岡部氏はまず、化粧品の働きについて説明する。


「化粧水や乳液などの化粧品は基礎化粧品と呼ばれ、肌の手入れに使われます。つまり基本的なスキンケアをすることで『肌の健康状態を維持する』『不安定な肌を健やかな状態に整える』『肌の保護力を高める』といった効果が得られるのです」


 ファンデーションや口紅といったメーキャップ化粧品が、肌の質感や色味を変えて顔を彩るのに対し、基礎化粧品は肌そのものを健康にするアイテムというわけだ。こう聞くと、肌に良い成分が配合されている化粧品を選ぶことは有効な気がするが、なぜ成分を重視してはいけないのだろうか。


「肌の状態や、抱える悩みは、人それぞれ違います。どんなに良いといわれる成分でも、その人の肌に合っていなければ、どれだけ補給しても効果は低いのです。今は化粧品の成分も簡単に調べられますし、口コミが見られるサイトなども多く存在するので、情報を手に入れやすい時代ですが、文字情報だけでは自分の肌に本当に効果的なアイテムかどうかを見極めるのは難しいと思います」


 自分の肌の状態や相性も考えず、評判の高い成分だからという理由で選んでは、宝の持ち腐れになってしまうこともあるのだ。


 さらに岡部氏は、「使うアイテムをこまめに変える人も、化粧品の恩恵を十分に受けられていない可能性があります」と指摘する。


「『肌を活性化させるために、使うアイテムはこまめに変える』という人は結構いますが、自分の肌に合っているものなら継続して使うことをお勧めします。化粧品が持つ美白効果やエイジング効果などは、長期間同じものを使い続けることで効果が出てくるからです」


 自分の肌との相性、継続利用ができるかどうかを見るためにも、化粧品を選ぶときは実際に手に取ってみるのが一番だという。


「化粧品はサンプルや試供品がありますし、 “プチプラ”と呼ばれる低価格なアイテムでも、ドラッグストアなどに行けばテスターが置いてありますから、実際に肌に付けてみるといいでしょう。肌への影響はもちろん、化粧品の感触やニオイなども確認して、使い心地が良く、長期的に『使い続けたい!』と思えるアイテムを選んでください」


●スキンケアアイテムは、数も量も適切に


 自分の肌に合うアイテムが選べたら、次に重要なのが使い方だ。岡部氏が「勘違いしている人が多い」と警鐘を鳴らすのが、日々のスキンケアを化粧水だけで終わらせてしまう方法である。


「化粧水のあと、乳液やクリームなどの“油分”を補給しないと肌は十分に保湿されず、健康状態を維持できません。化粧水を大量につけたところで、単品では効果は薄いのです」


 だが、「油分はべたつくから」と足踏みしてしまう人や、「敏感肌だから何個もアイテムを重ねるのは怖い」という人もいるだろう。これらについても岡部氏は、「誤解している可能性があります」という。


「化粧品は日々進歩していますから、最近は不快なべたつきがあるアイテムは少ないです。気になる人は実際に手に取ってみることをお勧めします。敏感肌についても、もしかすると保湿が不十分なせいで肌の保護力が下がり、敏感肌になってしまっている可能性も考えられます。敏感肌や乾燥肌で悩んでいる人は、スキンケアアイテム、とくに油分を含む乳液やクリームなどのアイテムを見直すだけで解消する場合もあります」


 化粧品はそれぞれの働きを補う効果もあるため、1つだけでは満足な効果が得られない場合があるのだ。とはいえ、化粧品を多く使いすぎるのも注意すべきだという。


「いろいろな効果を求めて5つも6つもアイテムを塗り重ねる人がいますが、大量に使っても肌に浸透していかず、化粧品が本来持っている力を発揮しきれないことがあります。洗顔のあとは大体2〜3種、多くても4種類くらいのアイテムに絞って使うといいでしょう。その場合もメーカーの説明通りの規定の量を守って使ってください」


 時間がないビジネスパーソンには、オールインワンアイテムもお勧めだ。


「オールインワンの化粧水やジェルは、これ1つで水分も油分も補給できます。忙しくてスキンケアに時間を割けないという人は、ぜひ自分に合うオールインワンアイテムを探してみてください」


 長い目で見て、自分の生活に取り入れやすいかどうかも、化粧品を選ぶ際のポイントといえるだろう。
(文=ますだポム子/清談社)


    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定