ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > docomo・2019の夏モデル13機種発表!「HUAWEI」「Xperia」など、各機種の特徴は?

docomo・2019の夏モデル13機種発表!「HUAWEI」「Xperia」など、各機種の特徴は?

3

2019年05月19日 09:31  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

 NTTドコモは5月16日、2019年夏モデルとなる製品13機種を発表した。内訳はスマートフォンが10機種、ケータイが2機種、ルーター1機種。6月1日以降順次発売される。今回は発表された各機種の特徴を見ていこう。


(参考:au・2019の夏モデル9機種発表!「Xperia」「HUAWEI」の新シリーズも登場、その特徴は?


■SONY Xperia 1 SO-02
 Xperia 1は、6.5インチ(3,840×1,644)の有機ELディスプレイを搭載し、4K HDRにも対応したハイエンドモデル。


 背面には、約1220万画素のトリプルレンズカメラ(標準・望遠・超広角)を搭載し、SONYのミラーレス一眼カメラαシリーズでおなじみの「瞳AF」などの機能を利用できる。インカメラは約800万画素。


 既にKDDIとSoftbankから発表されているXperia 1だが、ドコモから発売されることが決まった。ドコモ版はブラックとパープルの2色展開。


 基本仕様は、重量約178g、プロセッサSnapdragon 855、バッテリー容量3,200mAh、内蔵ストレージ64GB、メインメモリ6GB。価格は10万円台前半で6月中旬発売予定だ。


■SHARP AQUOS R3 SH-04L
 AQUOS R3は、6.2インチ QHD+(1440×3120ピクセル)の新開発Pro IGZOディスプレイ(表示可能色数約10億色)を搭載したハイエンドモデル。


 前機種からディスプレイの駆動速度が上がり、より滑らかな表示が可能となった。また、周囲の状況に合わせて画面の輝度とコントラストを最適化するアウトドアビュー機能を搭載している。


 背面には、光学式手ブレ補正に対応した静止画用(約1220万画素)と、動画用(約2010万画素)の2つのカメラを搭載している。インカメラは約1630万画素画素。


 基本仕様は、重量約185g、プロセッサSnapdragon 855、バッテリー容量約3200mAh、内蔵ストレージ128GB、メインメモリ6GB、カラーバリエーションはラグジュアリーレッド、プラチナホワイト、プレミアムブラックの全3色。価格は8万円台後半で6月1日に発売予定だ。


■SAMSUNG Galaxy S10+ SC-04L
 Galaxy S10+は、約6.4インチ QHD+(1440×3040ピクセル)のベゼルレスSuperAMOLEDディスプレイを搭載したハイエンドモデル。


 フロントはデュアルカメラ(約1000万画素+約800万画素)で、セルフィーでも背景をボカした撮影が可能。背面は、広角(約1200万画素)+望遠(約1200万画素)+超広角(約1600万画素)のトリプルレンズカメラを搭載。また、AKG監修のステレオスピーカーを搭載し、Dolby Atmosにも対応している。


 基本仕様は、重量約175g、プロセッサSnapdragon 855、バッテリー容量約4000mAh、内蔵ストレージ128GB、メインメモリ8GB、カラーバリエーションはPrism Blackのみ。価格は10万1088円で6月1日に発売予定だ。


■SAMSUNG Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L
 Galaxy S10+ Olympic Games Editionは、Galaxy S10+(SC-04L)をベースにした、東京2020オリンピック限定モデル。ドコモオンラインショップで、7月下旬に1万台限定で販売される。


 本体背面にオリンピックのロゴマークが描かれており、完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」のスペシャルエディションが付属。販売価格は11万4696円。


 基本仕様は、重量約175g、プロセッサSnapdragon 855、バッテリー容量約4000mAh、内蔵ストレージ128GB、メインメモリ8GB、カラーバリエーションはPrism Whiteのみ。


■SAMSUNG Galaxy S10 SC-03L
 Galaxy S10は、Galaxy S10+の派生モデル。基本性能は同等だが、ディスプレイサイズが約6.1インチと小さくなっており、フロントカメラが約1000万画素のシングルタイプという違いがある。また、バッテリーをユーザー自身で交換することは出来ない。


 基本仕様は、重量約158g、プロセッサSnapdragon 855、バッテリー容量約3300mAh、内蔵ストレージ128GB、メインメモリ6GB、カラーバリエーションはラグジュアリーレッド、プラチナホワイト、プレミアムブラックの全3色。価格は9万9424円で6月1日に発売予定だ。


■HUAWEI P30 Pro HW-02L
 HUAWEI P30 Proは、世界初のLeicaクアッドカメラを搭載したハイエンドモデル。滴型のノッチデザインの約6.5型FHD+(1080×2340ピクセル)曲面有機ELディスプレイを搭載。


 背面には、広角レンズ(4000万画素)+超広角レンズ(2000万画素)+望遠レンズ(800万画素)+TOFカメラ(被写体の奥行き検知)という4つのカメラを搭載し、最大10倍のハイブリッドズーム、最大50倍のデジタルズームに対応している。


 基本仕様は、重量約192g、プロセッサKirin 980、バッテリー容量4200mAh、内蔵ストレージ128GB、メインメモリ6GB、カラーバリエーションはブリージングクリスタル、ブラックの全2色。価格は8万円台後半で今夏発売予定だ。


■SONY Xperia Ace SO-03L
 Xperia Aceは、約5インチ FHD+(1080×2160ピクセル)のTFT液晶を搭載した、コンパクトボディが特徴のミドルレンジモデル。ボディにはGorilla Glass 5とグラスファイバー強化プラスチックを採用している。


 背面カメラは、約1200万画素のシングル仕様ながら、ハイブリッド手ブレ補正に対応し、ブレの少ない映像を撮影できる。インカメラは約800万画素の超広角レンズを搭載。大人数でのセルフィー写真が撮りやすくなっている。


 基本仕様は、重量約154g、プロセッサSnapdragon 630、バッテリー容量2700mAh、内蔵ストレージ64GB、メインメモリ4GB、カラーバリエーションはPurple、White、Blackの全3色。価格は4万8600円で6月1日発売予定だ。


■LG Style 2 L-01L
 LG Style 2は、6.0インチ FHD(1080×2160ピクセル)の大画面ディスプレイと、3900mAhの大容量バッテリーを搭載し、約5日間のバッテリー持ちを実現したミドルレンジモデル。


 背面には、標準(1620万画素)と広角(1310万画素)のデュアルカメラを搭載。AI機能にも対応している。


 基本仕様は、重量約182g、プロセッサSnapdragon 450、バッテリー容量3900mAh、内蔵ストレージ64GB、メインメモリ4GB、カラーバリエーションはブラック、ゴールドの全2色。価格は3万8880円で7月発売予定だ。


■富士通 arrows Be3 F-02L
 arrows Be3は、MIL規格に対応し画面割れに強く、5.6インチ FHD+(1080×2220ピクセル)の有機ELディスプレイを搭載し文字が読みやすいミドルレンジモデル。ハンドソープや食器用洗剤で本体を洗うことが出来る。Made in Japan。


 基本仕様は、重量約145g、Snapdragon 450、バッテリー容量2780mAh、内蔵ストレージ32GB、メインメモリ3GB、カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ピンクの全3色。価格は3万円台前半で6月上旬発売予定だ。


■Google Pixel 3a
 Pixel 3aは、Google製のミドルレンジモデル。海外モデルとは異なり、おサイフケータイに対応している。また、3年間のセキュリティーおよびOSのアップデートが保証されているモデル。


 約5.6インチ FHD+(1080×2220ピクセル)の有機ELディスプレイを搭載。背面には約1220万画素、フロントには約800万画素のシングルカメラを備えている。


 基本仕様は、重量約147g、プロセッサSnapdragon 670、バッテリー容量3000mAh、内蔵ストレージ64GB、メインメモリ4GB、カラーバリエーションはJust Black、Clearly Whiteの全2色。価格は4万円台半ば〜4万円台後半で6月上旬発売予定だ。


■富士通 arrowsケータイ F-03L
 arrowsケータイは、VoLTE対応によって前機種から通話品質を向上させたケータイ(フューチャーフォン)。約3.4インチ VGA(480×854ピクセル)液晶には、標準の約1.8倍の大きな文字を表示させるこが出来る。


 基本仕様は、重量133g、バッテリー容量1680mAh、カラーバリエーションはシルバー、ブラック、レッドの全3色。価格は3万円台前半で7月上旬発売予定だ。


■SHARP SH-03L
 SH-03Lは、ビジネス向けのカメラレスケータイ(フューチャーフォン)。機能制限ツールで機能やアプリの利用を制限したり、本体やmicroSDカード内のデータを暗号化する機能を搭載。ドコモが提供する「あんしんマネージャー」にも対応するなど、セキュリティに特化したモデル。


 基本仕様は、重量124g、バッテリー容量1680mAh、カラーバリエーションはブラックのみ。価格は2万円台後半で今夏発売予定だ。


■SHARP Wi-Fi STATION SH-05L
 Wi-Fi STATION SH-05Lは、大容量のバッテリーを搭載したモバイルWi-Fiルーター。給電にも対応しているので、モバイルバッテリーとしても使うことも出来る。同時接続台数は11台。今秋発売予定だ。


(REV)


このニュースに関するつぶやき

  • ファーウェイ、タブレット買って結構好きになったんだけどね。同じ6GB RAMなら、Xperiaから離れる気はないかなあ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定