ホーム > mixiニュース > 社会 > 西-北日本 21日にかけ大雨警戒

西〜北日本 21日にかけ 荒天や大雨に警戒

89

2019年05月19日 16:11  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真西〜北日本 21日にかけ 荒天や大雨に警戒
西〜北日本 21日にかけ 荒天や大雨に警戒

あす20日(月)から21日(火)にかけて、湿った空気や前線の影響で、西〜北日本では荒れた天気や大雨に警戒が必要です。



●西日本中心 非常に激しい雨のおそれ


あす20日(月)は、高気圧の中心が日本のはるか東を移動して、本州付近には引き続き南から湿った空気が流れ込む見込みです。また、低気圧が中国東北区付近を進み、中心からのびる前線が日本海を南下するでしょう。あすは西日本を中心に南からかなり湿った空気が流れ込む見込みです。九州では昼頃まで雨で、雷を伴って激しく降る所もあるでしょう。中国と四国は雨が降ったりやんだりで、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降るおそれがあります。特に山の南から南東斜面を中心に雨の降る量が多くなりそうです。
近畿から関東では、早い所で朝から雨が降り、次第に雨の範囲が広がるでしょう。北陸と東北、北海道は雲が多く、夜になると所々で雨が降りだしそうです。あすは西日本を中心に大雨となるおそれがあり、土砂災害に厳重に警戒して下さい。また、全国的に南寄りの風が強まるでしょう。朝の通勤・通学の時間帯から雨や風の強まる所がありますので、いつもより早く自宅をでるなど、時間にゆとりを持ったほうが良さそうです。海上ではしける見込みで、沿岸部では高波にも警戒が必要です。


●西〜東日本中心に大雨のおそれ


あさって21日(火)は、引き続き南から湿った空気が流れ込む見込みです。また、低気圧からのびる前線が日本付近を通過するでしょう。近畿と東海、北陸は昼頃まで雨が降りそうです。関東から北海道は雨が降ったりやんだりでしょう。南寄りの風は東日本と北日本を中心に強く吹きそうです。前線が通過する際は雨の降り方が強まるなど、西日本、東日本の太平洋側を中心に大雨となるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒して下さい。また、前線の動きによって、雨の降る時間帯や強まる時間帯が変わる場合があります。今後の情報はこまめに確認して下さい。
一方、前線が離れていく九州と中国、四国は天気が次第に回復して、日中はおおむね晴れる見込みです。


このニュースに関するつぶやき

  • やばいよ ヤバイヨ。
    • イイネ!14
    • コメント 6件
  • もう何年ぶりの大雨とかは聞きたくないです!(* ̄∇ ̄)ノ 明日か?余計に仕事行きたくなくなる。
    • イイネ!19
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(33件)

あなたにおすすめ

ニュース設定