ホーム > mixiニュース > トレンド > GDP、2期連続のプラス成長

GDP、2期連続のプラス成長=年2.1%増・1〜3月期−消費増税へ不安ぬぐえず

135

2019年05月20日 11:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 内閣府が20日発表した2019年1〜3月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.5%増、この成長が1年続いた場合の年率換算で2.1%増となった。プラス成長は2四半期連続。米中貿易摩擦の影響で輸出が減ったものの、輸入がそれ以上に大きく減少した結果、輸出から輸入を差し引いた外需が大幅プラスとなり、成長率を押し上げた。

 内需の柱である個人消費は弱く、景気の実態は数字ほど良くない可能性がある。茂木敏充経済財政担当相は「内需の増加傾向は崩れていない」と強調したが、10月の消費税増税の実施をめぐる不安は、引き続きくすぶりそうだ。実質GDPの事前予想は小幅のマイナス成長だった。

 実質GDPの増減に対する寄与度は、内需が0.1%プラス、輸出から輸入を差し引いた外需は0.4%プラスだった。物価変動を反映し、より生活実感に近いとされる名目GDPは前期比0.8%、年率3.3%それぞれ増加し、2期連続のプラスを維持した。

 実質GDPのうち、過半を占める個人消費は前期比0.1%減。暖冬の影響で衣類の販売が振るわず、自動車も伸び悩んだことが響いた。外需の先行きが見通しにくい中で企業が投資を手控える動きが強まり、設備投資も0.3%減だった。消費と設備投資のマイナスはいずれも2期ぶり。

 一方、18年度補正予算が執行されたことで、公共投資は1.5%の大幅増。住宅投資も1.1%増と3期連続でプラスとなったが、消費増税前の駆け込み需要については「14年4月の前回増税時に比べればわずかな影響しかない」(内閣府幹部)という。

 輸出は中国向けなどが落ち込み、2.4%減。内需の不振を背景に、原油や天然ガスなどを中心に輸入は4.6%落ち込み、リーマン・ショック後の09年1〜3月期(16.0%減)以来となる10年ぶりの大幅減を記録した。 

このニュースに関するつぶやき

  • アベノミクスの恩恵受けて支持してる連中、所詮は悪辣な金の亡者。一方、mixiネトウヨのように恩恵受けてないのにアベを崇拝する輩は肉屋を支持する豚の如きただの馬鹿(嗤)。
    • イイネ!11
    • コメント 2件
  • 大本営発表か?どうやって数字を算出したの?(笑)
    • イイネ!48
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(91件)

あなたにおすすめ

ニュース設定