ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > オタク美容室 印象に残る施術

カット中にオタク美容師と解釈違いが起きたら一体どうなる? 女性向けオタク美容室「OFF-KAi!!」池袋店で根ほり葉ほり聞いてみた

80

2019年05月20日 15:28  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真池袋に女性向けのオタク美容室がオープン
池袋に女性向けのオタク美容室がオープン

 「美容院が苦手」……こんな悩みを抱えているオタクは少なくないはずだ。同じ教室にいたらめったに話すことはなかったであろうおしゃれな人と一対一になり、自分がどうなりたいのかを説明せねばならない状況は、はっきり言って怖い。



【画像】お店の中はどうなってるの?



 しかし、美容師が全員オタクだったら? 目の前に置かれるのが漫画本とアニメ雑誌だったら? その夢がかなう場所が実在するのである。その名も「OFFーKAi!!」。以前ねとらぼでも取り上げたように、オリジナルキャラの設定に2万字を費やした伝説を持つオタク美容室である。秋葉原店、大阪店に引き続き、4月には女性向けを意識したという待望の池袋店がオープンした。



 入店して最初に目に入るのは、壁いっぱいの漫画だ。右端にヘアケア用品がおさまっているのに気づくまで、誰も美容室の本棚だとは思うまい。『僕のヒーローアカデミア』『かぐや様は告らせたい』『あさひなぐ』『宝石の国』『アオハライド』『xxxHOLiC』など、幅広いジャンルの作品が取りそろえられている。



 右側の棚には声優の写真集や『カードキャプターさくら』『神風怪盗ジャンヌ』などのイラスト集、それにラバストのボックスまで。奥にはフィギュアとイメージボードの棚があり、あちこちに額装された数々のポスターが飾られている。店内BGMはもちろんアニソンだ。全身で理解できる。「ここは、アウェイではない」と……。



 このオタクのためのリラックス空間は、いかにして誕生したのか。今回は「苺ましまろ」ファンのオーナー・茂木賢太さんと、「ラブライブ!」えりち推しの店長・小山内翔希さんにお話をうかがった。



●念願の池袋店



――入ってすぐ、圧巻の本棚に見入ってしまいました。すごい熱量のお店ですね。改めて「OFF-KAi!!」のコンセプトについて教えていただけますか。



茂木 「オタク向け」です。スタッフ全員オタクで、漫画やオタク向け雑誌がたくさんあってアニソンが流れている……という「オタクの方が通いやすい」お店を目指しました。



――池袋店オープンのきっかけは何だったんでしょうか。



茂木 池袋は乙女ロードもあるし女性オタクの街だと思っていたので、秋葉原店(1号店)を出す時からずっと「2号店は池袋で出したい!」と考えていたんです。2年半かけてようやく出店できました。



――最高の立地ですもんね。お店に来る途中も素敵な看板がたくさんありました! それ以外では女性オタク向けの美容室としてこだわったことはありますか?



茂木 秋葉原店と比べて、女性向けコンテンツの蔵書や装飾をグッと増やしています。BGMも今話題の「ヒプノシスマイク」の曲を流したり、秋葉原とはまた違った雰囲気になっていると思いますね。メニューについても、池袋はヘアケアに特に力を入れていて、秋葉原にはないトリートメントやミストが出る機械などを導入しています。



――最近多いオーダーはありますか?



茂木 アニメキャラのような色に染める「ダブルカラー」(※)が増えてきました。



※1度の施術で2度髪を染めるメニュー。ブリーチしてから別の色を入れる場合など、元の髪色からは入らないカラーをするときに選ばれる。



小山内  イベントに備えてキャラや声優さんのイメージカラーに染めたり、2.5次元の舞台を見に行く前に作品のイメージカラーに染めたりする方が多いです。特に池袋店は女性のお客様が増えてきたので、インナーカラーで推しの色を入れるメニューも人気があります。この間はアイドルマスターsideMのライブ前にカラーにいらしたお客様がいました。



茂木 日が経てば経つほど退色してしまうので、現場に最高の状態で行きたいのであればできるだけライブ当日に近い時間を狙って予約するのがおすすめです!



――印象に残っている施術はありますか?



小山内 僕は海外から来たお客様に「『ドラゴンボール』のベジータにしてくれ」と言われたのが印象に残っています。



――ベジータ……色だけとかではなく……?



小山内 本当にベジータの髪型にしてくれって……。元々くるくるした髪質の方だったので、それを全部立たせるのが大変でした。2時間ちょっとかかりましたね。



――でも2時間でベジータになれるんですね!? すごい。



茂木 海外から来たお客様からすごいむちゃぶりをされることが間々あります。この間は小学生ぐらいの子がお父さんと一緒に来て、「スーパーサイヤ人ブルーにして!」とオーダーしてきました。「それは2、3回ブリーチをするので、計4、5時間かかります」と説明したら帰ってしまいましたが……。



●「武藤遊戯は美容師の敵」



――これまで見てきた作品の中で、「すごい髪型だ」と思ったキャラを教えてください。



茂木 「遊戯王」の武藤遊戯です。



小山内 美容師最大の敵だと思います。



――即答ですね……。武藤遊戯はどうやって美容室でオーダーをしてるんでしょうか?



小山内 地毛なんですかね……? 近づけることぐらいは……出来ないわけではないかな……と思うんですが……。(厳しげな表情)



茂木 以前「遊戯にしてほしい」と言われたこともあるのですが、最終的に相談のうえで取りやめにして、その方は「BLEACH」の一護になりました……。このぐらいのセクションでこの量の前髪を作ることはほぼ不可能なので、そもそも部位と量的に無理があるんですよ。



小山内 古いアニメやギャルゲーの女性キャラも髪が盛り上がっていて難しいことがあるのですが、武藤遊戯はそもそも理(ことわり)に反しています。「ラスボス」ですね……。



●推しの髪を切る



――ちなみに今期の最推しアニメは何ですか?



茂木 僕は今期は「キャロル&チューズデイ」(※)です。アニメを見ない人にも勧めやすいですし、制作もボンズで安心感があります。



※火星を舞台にしたSF音楽アニメーション。バイトで食いつなぎながら路上でキーボード演奏を続けるストリートミュージシャンのキャロルと、ミュージシャンを夢見て裕福な実家を飛び出したギタリストのチューズデイが主人公。



――キャロル&チューズデイ、音楽が最高ですよね! 誰推しですか。



茂木 チューズデイです。



――チューズデイの髪をカットするとしたらどうしますか?



茂木 うーん、肩ぐらいのボブにしたいかな。くせっ毛なので、それぐらいが可愛いんじゃないかと思います。ライブでギターを弾く時に邪魔じゃなさそうだし。



――それは大事な視点ですね。小山内さんはいかがですか。



小山内 僕はもうすごくお客さんに勧めてるんですが……(立ち上がって本棚から一冊取り出す)これです、『淫らな青ちゃんは勉強ができない』。15分アニメなんですけど、とにかくヒロインの性格が死ぬほど好みです。普段自分はラブコメって全然読まないんですけど、主人公の青ちゃんがあまりにも好きすぎてつい読んでしまいました。性格と見た目が死ぬほど好みで……。



――(「死ぬほど好み」2回言ったな……)青ちゃんがお客様として来て「おまかせで」とオーダーしたらどうカットしますか?



小山内 この子はとってもあれなんですよ、奥手で派手なことが嫌いなタイプだと思うんですよ。だから落ち着いた感じがいいんじゃないかなと。ショートは似合わない気がするのでロングのままで、青ちゃんは地毛なので色は生かす感じで。僕はこのヘアスタイルは落ち着いてるんですけど遊びがない印象だと思うんですよね。髪の毛の形から見るに、グラデーションと言って下の方が重いスタイルなんです。なのでちょっと軽い感じにして動きを出して、長くても重すぎない髪型で夏っぽくしてあげたいと思います。彼女的には地味なテイストが好きなんですよ、なのでそこに遊びを利かせてあげるのがいいのかなと……。



――(あっこの人本当にオタクだ……)ちなみにこれは個人的な疑問なのですが……美容師の方が施術している最中にお客様との解釈違い(※1)に気づいたり、逆カプ(※2)だと判明した場合、やはり黙ってトンスラにされるのでしょうか?



※1 キャラや作品に対する解釈にズレが生じること。 ※2 推しているカップリングと受け攻めが逆になったカップリング。



茂木 それはないです。(断言)



小山内 あんまりそういうのはないですね(笑)。



茂木 ネットではよくあると思うんですけど、やはり「政治」の話なので、スタッフにはバチバチいかないように気を付けてね、と話しています。客商売でそれが起きてしまったら大変なことになりますから……。まああんまり議論になることはないかな。うちのスタッフはみんな肯定的で穏やかです。



●今後の展望



――オタク美容室の運営に当たって、難しさを感じていることはありますか。



茂木 やはりオタクの美容師を集めるのが難しいです。



――美容業界にはあまりオタクがいないんでしょうか?



小山内 少ないですね。少しはいるんですけど、あまりディープなオタクはいない印象です。オタク美容室に来るお客様はわけがわからないぐらい詳しい人もいるので、そういうお客様との会話にもついていけるオタク美容師となると難しいです。オタクであればアニメに限らずどんなジャンルでもいいと思うんですが。



――確かに! 歴史オタクの美容師さんにちょんまげにしてもらう、なんていう施術があっても面白いかもしれないですよね。今後OFF-KAi!! 池袋店が特に目指していることはありますか。



茂木 ぜひ女性向けコンテンツとコラボがしたいです。等身大ステッカーを作るとか、カットしたらグッズがもらえるとか。OFF-KAi!! 池袋店のオリジナルキャラクターを作ることも考えています。



 メニューについては、ヘアケアとカラーにより力を入れたいです。ダブルカラーだけではなく、大人のオタク女性の方向けの落ち着いた品のあるカラーも推していきたいなと。また、女性はカラーやトリートメントなど時間のかかるメニューが多いので、長時間美容室にいても退屈しないような仕組みを模索していければいいなと考えています。



――夢が膨らみますね! ありがとうございました。



●OFF-KAi!! 池袋店



所在地



東京都豊島区東池袋2-59-7 秋山商事1F



TEL



03-5924-6738



営業時間



12:00~22:00(カット最終21:00)



(ねとらぼGirlSide/不義浦)


このニュースに関するつぶやき

  • 美しい魔闘家 鈴木で頼む(オイ
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • ワンパンマンのサイタマにして!
    • イイネ!15
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(37件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定