ホーム > mixiニュース > コラム > 店員が誤って「63万円のワイン」を出してしまった… 店の神対応に称賛続出

店員が誤って「63万円のワイン」を出してしまった… 店の神対応に称賛続出

55

2019年05月21日 07:41  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(1018141890/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
(1018141890/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

飲食店での注文ミスはクレームにつながりかねない。日本でも、「悪質クレーマー」としてツイッターなどで紹介されているのを目にしたことがあるだろう。

だが同じ注文ミスが起きても、称賛されている店がネット上で話題となっている。

 

■客はオイシイ思いを…

舞台はヨーロッパのレストラン。客が注文したのは、日本円で約37,000円相当の赤ワインのボトル。それでも相当なお値段だが、店員は誤って約63万円の高級ワインを出してしまった。

注文のものよりおよそ17倍の高額なワインということになる。客からすれば「値段の割にはかなりウマイ」とオイシイ思いをしたことになり、店からすれば大損失となったに違いない。

 

■「間違いは誰にでも起きうるものさ」

店はその後ツイッターで、以下のように反応した。

「昨夜、2001年製で4,500ユーロのル・パン ポムロールを誤って飲んだお客さま、よい夜をお過ごしになったことでしょう。間違えて渡してしまった店員よ、元気出して。誰にでも間違いは起きるものさ。とにかく店はあなたのことを気に入ってるよ」

 

To the customer who accidentally got given a bottle of Chateau le Pin Pomerol 2001, which is £4500 on our menu, last night – hope you enjoyed your evening! To the member of staff who accidentally gave it away, chin up! One-off mistakes happen and we love you anyway 😉

— Hawksmoor Manchester (@HawksmoorMCR) May 16, 2019

続けて、「そっくりだから仕方ないよね?」と2つのワインを並べた写真をツイートし、店員をフォローした。

THEY LOOK PRETTY SIMILAR OK?! 😉 pic.twitter.com/JWFW81cbe8

— Hawksmoor Manchester (@HawksmoorMCR) May 16, 2019

■神対応ぶりを評価する声

一連の店側の対応はまさに「神対応」と言えよう。ネット上でも、店の対応を絶賛する声が相次いだ。

「やさしい」

 

「素晴らしい職場やんね」

 

「あったけぇなぁ…」

 

「うっかりミスが『嬉しい』事に 元気出る話ですぅ」

 

■間違いをする人は…

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,357名に「聞き間違い」について調査したところ、「よくする」「まあまあする」「たまにする」と聞き間違いをしがちな人は6割以上にも及んだ。

今回の店員は聞き間違えではなく、見間違えだったのだろうが、間違いは誰にでも起きうるものと言えそうだ。

間違いをしても、ミスした人を責めない姿勢は日本も見習っていきたいところだ。

・合わせて読みたい→もう二度とくるか!客が激怒「飲食店でのクーポントラブル」3選

(文/しらべぇ編集部・亀井 文輝

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代の男女1357名(有効回答数)

このニュースに関するつぶやき

  • ミスを許すのはいいけど「よい夜をお過ごしになったことでしょう」って何のイヤミ?私だったら一気に気分悪くするわ。あと、63万もするワイン扱ってるのにソムリエいないのかよ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • こういうオーナーや上司の様な度量を持ちたいものです。�Ԥ��Ԥ��ʿ��������磻�󥰥饹🍾�Ԥ��Ԥ��ʿ�������🙂
    • イイネ!29
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(41件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定