ホーム > mixiニュース > 海外 > 米、華為制裁を一部緩和へ

ファーウェイ制裁、一部緩和=米商務省、スマホ保守など3カ月容認

32

2019年05月21日 09:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 【ワシントン時事】米商務省は20日、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)に対する輸出を米企業に原則禁じる制裁措置について一部緩和すると発表した。制裁の実施で、米国内の利用者に悪影響が及ぶのを避けるのが狙い。ファーウェイが米国で展開する通信ネットワークやスマートフォンの保守などに関わる取引に限り、暫定的に容認する。

 暫定措置の期間は8月19日までの3カ月間。ネットワークの安定運用に欠かせないソフトウエアの更新や不具合の修正に関連した業務を中心に、米企業などとの取引を認める。新規の取引は禁止対象で、暫定措置は適用されない。

 商務省は16日、安全保障上の懸念を理由に米企業による輸出を禁止する取引先のリストに、ファーウェイと同社の関連会社68社を指定。同社の日本法人も含まれた。暫定措置は、16日以前にこれらの会社と結んだ契約が対象になる。 

このニュースに関するつぶやき

  • 最近アメリカは、ファーウエイに限らず中国に対してかなり敵対心を持ってるみたいだなぁ。このまま強硬な姿勢を続けて大丈夫なのか?
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 十九世紀末当時の新興国のアメリカや日本は欧州に遅れを取らない為に国策として電気通信に取り組んだ。アメリカはその事を思い出したと思われ。だが未だに日本の財界。特に家電系は駄目ですねぇ
    • イイネ!28
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(23件)

あなたにおすすめ

ニュース設定