ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 子ども名義の貯金 いつ渡す?

子ども名義の貯金。いつ使う?いつ渡す?ベストなタイミングは

247

2019年05月21日 13:02  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ


子ども名義でためている貯金。このお金は一体いつ使うのが理想的なんだろう。そのようなことを考えたことはありませんか? 今回ママスタBBSに投稿されたのは、子ども名義の貯金の使い道についてでした。
『生まれてから通帳をつくって、入園入学祝や、お年玉の残ったもの、余裕あるときに少しずつためています。これ、いつ使わせるかな』
この投稿を見たとき思わず「私も知りたい!」と強く感じました。筆者自身も子ども名義で貯金をしていますが、いつ、どのように使うのがいいのかママたちにぜひ聞いてみたいです!

子ども名義の貯金、いつ使う?いつあげる?


『今考えてるのが、大学の入学金にするか、一人暮らしになるだろうから生活費の足しにお小遣いとして、結婚するときにとかかな。学資保険をかけてるから、入学金はそれで間に合うかなとも思うし……子どもにいつあげますか?』
子どもの名義の貯金。額の多い少ないはさておき、子どもにあげるという概念がなかった筆者は少し驚きました。でも子どものためにしている貯金なのですから、しかるべきときがくれば子どもにあげるという選択肢があることに「なるほど!」と思わず声をあげました。

ママたちが考える貯金の使い道

『分かる。みんないつ使ってるの? うちはお年玉、お祝い、子ども手当てもだから手当が終わる頃にはまぁまぁいい金額になってると思うんだけど』
ママたちから寄せられた子ども名義の貯金の使い道。ぜひ参考にさせてもらいたいですよね。そこでママたちの声から、どのような使い道があるのかをリストアップしてみました。


大学に入学するとき
現金で渡すのではなく教育費などに使う
車や海外留学など、まとまったお金が必要なとき
 結婚するとき
孫が産まれたら


ママたちの考える子ども名義貯金の使い道は、おおまかに分けるとこのような結果となりました。この中で最も多かったのは結婚するときで、2番目に多かったのは大学入学、または社会人になったときという結果になりました。

結婚するときに渡す

『私の両親も、義両親も、結婚するときにくれた。だから私たちも子どもたちが結婚するときに渡そうと思ってる』
『結婚のときにもらってうれしかったし、助かったので自分もそうしようと思ってる』
結婚するときに渡したいと話すママたちは、ご自身がご両親などから同じようにしてもらったので、子どもたちにもしてあげたいと話している人がたくさんいました。

結婚するとなるとまとまったお金が必要ですよね。結婚式だけではなく、新居のことや生活するための家具や電化製品、日用品など、あげればキリがないほどお金が必要です。そのときに役立ててもらえるならと考えているようです。
『今まで具体的に考えてなかったけど、結婚するときにしようと思った。学生のときに渡したらありがたみが分からず使ってしまいそうだし』
『おばさんが息子にためてたお金を結婚したときに渡したら、お嫁さんが使い込んでしまったと聞いてから悩むようになった』
ママたちの声を見て結婚するときに渡すのがいいと決意するママもいれば、せっかくあげたお金を使いこまれてしまった経験などまで飛び出しました。こうなってくると、結婚のときにあげるのが理想的なのかどうか、なんとも複雑な心境になりそうです。

大学入学・社会人になるときに渡す


『大学生になったら自分で管理するように渡すかな』
『高校卒業後に必要なお金としてためてる。就職なら車、進学なら学費など』
人生の節目としてちょうどいいタイミングの大学入学時や、社会人になるときもいいのではと話すママたちもいます。一人暮らしをするための資金であったり、就職の際に必要になるものであったり、多くの出費が予想されるところをカバーしてあげたいという親心ですね。

経験者は語る。渡すタイミングに注意

『若いときに渡すのはやめた方がいいと思う。株とかの詐欺にあったり、誰かに貢いだりろくなことがない』
『自分は20歳で200万もらったけど、学生のノリで遊びに使い切ってしまった。だからわが子には結婚するまでは渡さないかも』
『うちの子の性格的に、あったらあるだけ使ってしまうタイプだから、もっと中身が大人にならないと現金は渡せないな』
若さゆえ、せっかく両親がお子さんのために大切にためた貯金も、子どもたちにしてみれば降ってわいた臨時ボーナスとなってしまうこともあるようです。お子さんの性格や特性などを考慮して渡すタイミングを考えたほうがいいかもしれません。

教育費に使う

『やはり現金で渡すのではなく、たっぷり教育費としてつかうのがいいかもね。教養は裏切らないし、余ったら孫の代まで取ってて孫の習いごとや学資保険、大学費用としてつかうのがいいと思った』
『お祝い、月々の貯金、子ども手当ては今後学費などに使う予定』
『既に幼稚園入園料に、小学校修学旅行費に使いました!』
子どものためにためている貯金だからこそ、教育費として使うのもいいですね。筆者も子ども手当にしろ、子ども名義の貯金にしろ、子どものために必要になった際に使うことが多いです。中学校の入学時や修学旅行代など結構高額なお金が動きますよね……。

いつ渡すのがベストか。それはママとお子さん次第


子ども名義の貯金をいつ使うのか、いつ子どもに渡すのか。ママたちなりのルールや、子どもに対する思いが言葉の端々から垣間見えました。甘やかすというわけではなく、子どもたちの役に立ちたい。親っていつまでたってもそう思い続けるものなのかもしれませんね。

今回ご紹介したママたちの声を参考にして、わが子にはいつ渡すのがベストなのか、いつ使うのがベストなのか。大切なお金ですからタイミングをしっかりと見極めたいものですね。

文・櫻宮ヨウ 編集・山内ウェンディ

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 可能なら20歳!成人式が良いなぁー。県外就職する時とか。可能な限り手をつける事なく貯め続け渡してやりたい。しかし我が家は何度もそれで窮地を凌いできた(汗)面目無い(涙) https://mixi.at/a8pN7FW
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 息子(7歳)の為に、生まれた時に通帳作って出産祝いやお年玉、子供手当て全て貯めてるので既に200万超えてる(笑)20歳の誕生日に渡す予定
    • イイネ!58
    • コメント 19件

つぶやき一覧へ(152件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定