ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > デジタル製品 > AppleがTouch Bar付き「MacBook Pro」を刷新 15型モデルは「8コアCore i9」も選択可

AppleがTouch Bar付き「MacBook Pro」を刷新 15型モデルは「8コアCore i9」も選択可

0

2019年05月22日 11:22  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真MacBook Pro(15型モデル)
MacBook Pro(15型モデル)

 Appleは5月22日、ノート型Mac「MacBook Pro」の13型(Touch Bar付き)と15型の新モデルを発表した。第8世代または第9世代のCoreプロセッサを搭載し、15型モデルではMacBookシリーズとしては初となる「8コア」プロセッサも選択可能だ。直販価格は13型(Touch Bar付き)が19万8800円から、15型が25万8800円から(共に税別)。WebおよびアプリのApple Storeでは同日から受注を受け付けており、Apple Store実店舗を含む店頭でも5月24日頃から販売を開始する予定だ。



【その他の画像】



●15型モデルで選択できる構成



 15型モデルで選択できるCPU構成は以下の通り(太字のものはカスタマイズ限定)。



1. 第9世代 Core i7プロセッサ 6コア/2.6G〜4.5GHz



2. 第9世代 Core i9プロセッサ 8コア/2.3〜4.8GHz



3. 第9世代 Core i9プロセッサ 6コア/2.4G〜5GHz



 AppleはCPUの型番などを公表しないポリシーを貫いているが、いずれもGPU(Intel UHD Graphics 630)を内蔵していることから、1番目のプロセッサは「Core i7-9750H」、2番目のプロセッサは「Core i9-9880H」、3番目のプロセッサは「Core i9-9980HK」であると思われる。



 外部GPUは以下のものから選択できる(太字のものはカスタマイズ限定)。



・Radeon Pro 555X(4GB)



・Radeon Pro 560X(4GB)(※)



・Radeon Pro Vega 16(4GB)



・Radeon Pro Vega 20(4GB)



※ 店頭販売の下位モデル(Core i7モデル)をベースとするカスタマイズ構成ではオプション設定。店頭販売の上位モデルでは標準搭載



 メインメモリは16GB(店頭販売モデルの標準)または32GBから選択可能。SSDの容量は256GB(下位モデルの標準)または512GB(上位モデルの標準)の他、1TB、2TB、4TBも選択できる。ボディーカラーはスペースグレイとシルバーの2つを用意している。



●13型(Touch Bar付き)モデルで選択できる構成



 13型(Touch Bar付き)モデルで選択できるCPU構成は以下の通り(太字のものはカスタマイズ限定)。



・第8世代 Core i5プロセッサ 4コア/2.4G〜4.1GHz



・第8世代 Core i7プロセッサ 8コア/2.8〜4.7GHz



 メインメモリは8GB(店頭販売モデルの標準)または16GBから選択可能。SSDの容量は256GB(下位モデルの標準)または512GB(上位モデルの標準)の他、1TB、2TBも選択できる。ボディーカラーはスペースグレイとシルバーの2つを用意している。


    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定