ホーム > mixiニュース > 社会 > 昨年の猛暑「温暖化が影響」

昨年の猛暑、温暖化が影響=シミュレーションで裏付け−気象研など

146

2019年05月22日 14:31  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 昨年7月の日本の記録的猛暑は、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス排出による地球温暖化がなければ起きなかったとのシミュレーション結果を、気象庁気象研究所と東京大、国立環境研究所のチームが22日発表した。論文は日本気象学会の英文科学誌に掲載された。

 過去の気候データを使い、コンピューターでシミュレーションを多数行った結果、日本上空の気温が昨年7月の数値を超える確率は約20%だったが、温暖化の効果を除いた場合はほぼ0%だった。

 猛暑は太平洋高気圧の上にチベット高気圧が重なった影響が大きかったが、この二段重ねの高気圧が出現した場合の猛暑確率は24.6%、出現しない場合は12.2%となり、影響の大きさが裏付けられた。 

このニュースに関するつぶやき

  • それでも原子力発電は止めて火力発電を動かせと言う人たち。いますね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 今日はなんだか仕事したくないのも温暖化が影響してると思う。
    • イイネ!41
    • コメント 8件

つぶやき一覧へ(96件)

あなたにおすすめ

ニュース設定