ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > F1第6戦モナコGP FP2:メルセデス勢がトップタイム。トロロッソ・ホンダのアルボンは5番手の好走

F1第6戦モナコGP FP2:メルセデス勢がトップタイム。トロロッソ・ホンダのアルボンは5番手の好走

0

2019年05月24日 00:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年F1第6戦モナコGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2019年F1第6戦モナコGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
 2019年F1第6戦モナコGP木曜フリー走行2回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは4番手、マックス・フェルスタッペンは6番手に入っている。

 FP2開始時点の午後3時の気温は、FP1と同じ18℃。しかし日が射してきたこともあって、路面温度は34℃まで上昇した。開始後10分、去年のFIA F2でポールポジションを獲得したアレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)が、フェラーリの2台を抑えて首位に立った。

 タイムはまだ1分13秒台を切ったばかりで、その後コースインしたバルテリ・ボッタス(メルセデス)らがすぐに追い越していったが、アルボンは初日セッションから乗れている印象だ。

 上位勢ではメルセデスだけがミディアムタイヤを装着し、それでも1−2を独占。1分11秒台のタイムを出しているのも、彼らだけだ。首位のハミルトンにボッタスが0.033秒差で食らいつき、ほぼ互角の速さを見せている。ハミルトンから0.126秒差で、フェルスタッペン。ガスリーもフェラーリ勢をしのぐ速さで、4番手まで上がってきた。

 開始後30分、ソフトタイヤで周回を続けるセバスチャン・ベッテルが、1分11秒881のベストタイムでトップに立った。一方のシャルル・ルクレールは、ブレーキングが安定せず、0.5秒近い後れを取っている。35分過ぎには、依然好調のアルボンにも抜かれ、7番手に後退した。アルボンはその後も自己ベストを更新し続け、ベッテル、メルセデス2台に次ぐ4番手に付けた。

 直後にはソフトに履き替えたボッタスが、1分11秒597のトップタイム。去年あれほどハイパーソフトタイヤに手こずったことがウソのように、ボッタスはその後も最速タイムを更新した。一方、同様に新品ソフトを履いたハミルトンは、タイムがまとまらず3番手に留まっている。しかしようやく区間タイムを揃え、ボッタスを0.030秒しのいでトップに立った。

 だが今季のボッタスは、しぶとい。次の周ですぐに首位を奪い返した。ハミルトンは直後にターン1のフルブレーキングで派手に白煙を上げ、左フロントタイヤにフロットスポットを作ってしまう。それでも1分11秒118のベストタイムを出し、チームメイトバトルにケリをつけた。

 3番手ベッテル以下は、0.7秒以上の大差を付けられ、ガスリー、アルボンが4、5番手で続く。FP1でメルセデス2台に割って入ったフェルスタッペンは、終盤までに10周しか走れず6番手。終了10分前にようやく出て行ったが、タイムは伸びず。フェルスタッペンは無線で、「クルマが良くない」「グリップがなく、滑りまくる」と、不平たらたらだった。ブレーキの不満を訴えていたルクレールも、10番手に終わった。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定