ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > アルボン「初日とはいえ5番手はいい気分。マシンの感触がとてもよかった」:トロロッソ・ホンダ F1モナコGP木曜

アルボン「初日とはいえ5番手はいい気分。マシンの感触がとてもよかった」:トロロッソ・ホンダ F1モナコGP木曜

0

2019年05月24日 08:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年F1第6戦モナコGP アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1第6戦モナコGP アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)
 2019年F1モナコGPの木曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンはフリー走行1=14番手/2=5番手だった。

 FP1では45周を走り、1分13秒827を記録。FP2では51周を走りこみ、1分12秒031でメルセデス、フェラーリ、レッドブルに続くポジションにつけた。トロロッソのチーフレースエンジニア、ジョナサン・エドルズは「アレックスが示したとおり、我々のマシンには競争力があると思う。さらに改善を果たし、予選でいい戦いをしたい」と述べている。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
アレクサンダー・アルボン フリー走行1=14番手/2=5番手
 いい一日だった。このトラックが大好きだから、走っていて本当に楽しかった。

 マシンを適切なウインドウに入れることができたと思うから、あとは今日学んだことを分析し、マシンの微調整を行って、土曜の予選への準備を整えたい。

 午後のセッションに向けていくつか調整したら、自分が望むようなマシンの感触になった。土曜になれば他のチームが上がってくるだろうから慎重に考える必要はあるけれど、それでもトップ5で初日を終えることができて、いい気分だよ。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定