ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > クビアト14番手「タイム向上の余地がたっぷりある。予選までにセットアップを改善したい」:トロロッソ・ホンダ F1モナコGP木曜

クビアト14番手「タイム向上の余地がたっぷりある。予選までにセットアップを改善したい」:トロロッソ・ホンダ F1モナコGP木曜

0

2019年05月24日 09:21  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2019年F1第6戦モナコGP ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1第6戦モナコGP ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
 2019年F1モナコGPの木曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトはフリー走行1=13番手/2=14番手だった。

 FP1では40周のなかで1分13秒731を記録、FP2では39周を走り、初日の自己ベストタイム1分12秒577をマークした。このタイムはチームメイトのアレクサンダー・アルボンより0.546秒遅く、トロロッソのチーフレースエンジニア、ジョナサン・エドルズによると、クビアトのマシンはバランスがうまく決まっておらず、FP2でのセットアップ変更によって多少は改善が見られたが、まだ完璧ではないという。予選に向けてクビアトに適したマシンセットアップを仕上げたいとエドルズは述べている。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ダニール・クビアト フリー走行1=13番手/2=14番手
 予定していた作業をすべて完了し、とてもいい一日だった。でもまだ足りない部分があり、タイムを大幅に削る余地があると考えている。向上するために何ができるのかを理解し、土曜に戦える状態になるよう、努力を重ねたい。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定