ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 指先が変形「ヘバーデン結節」

その指先の変形、「ヘバーデン結節」かも? 40歳以上の女性に多く発症する国民病の実態

104

2019年05月24日 11:11  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『あなたの指先、変形していませんか?』(笠原巖/自由国民社)
『あなたの指先、変形していませんか?』(笠原巖/自由国民社)

 読者は「ヘバーデン結節」をご存じだろうか? まだ知名度の低いこの病気、大半の方が「聞いたことない」と答えるだろう。百聞は一見に如かず、まずは問題の病状を見てほしい。



 指が痛々しくも変形しているのが分かるはずだ。これが「ヘバーデン結節」。『あなたの指先、変形していませんか?』(笠原巖/自由国民社)によると、40歳以上の女性に多く発症し、全身症状として見た場合、なんと60歳以降で4人に1人が発症するそうだ(カサハラフットケア整体院調べ)。まさに国民病というべきだろう。

 さらに問題なのは、この病気の実態はほとんど知られていないこと。だからヘバーデン結節を発症しても「一般的な外反母趾」や「関節リウマチ」と勘違いして、適切な処置を行わないまま悪化してしまうケースが多い。いったいどうすればいいのか? 本書より少しだけご紹介したい。

■10年から15年くらいで指先の第一関節全部が変形してしまう病気

 この恐ろしき病気について解説しているのは、本書の著者でありカサハラフットケア整体院院長の笠原巖先生。まずは概要をご説明したい。

 ヘバーデン結節とは、手の指の第一関節(爪のすぐ下の関節)の背面が「太く変形」したり、背面に「コブのような骨の隆起(結節)」が見られたりする病気のこと。関節が赤く腫れたり、水ぶくれができたりすることもある。



 一般的な症状の経過として、最初は1本の指から始まり、10年から15年かけて両手の指先全部が変形してしまうそうだ。恐ろしい……。

 変形の初期や炎症期には痛みを伴う場合が多く、病院に行っても原因不明とされ、治療法も確立されていない。慢性的な場合は症状がゆっくり進むので、痛みも少なく気づかない人が多い。

 なによりヘバーデン結節が起きる詳しい原因も判明していないので、多くの人が放置してしまいがちだ。そのまま病状が進行して「指先が横に曲がる」などの著しい変形が起きてしまうことも。また「物を取るとき」にどこかにぶつけて突き指の状態(捻挫)を繰り返し、変形がさらに進行することもある。

 この病気は本当に恐ろしくてやっかいだ。

■足指にも「ひどい外反母趾」として起こる「足ヘバーデン(仮称)」

 さらにヘバーデン結節は手指だけでなく、足指でも起こる。中高年の「ひどい外反母趾」のほとんどは、この病気が足指の付け根の骨や「中足関節」に発症したものだそうだ。足指に起こる「足ヘバーデン(仮称)」は進行性で、特に痛みがある急性期に適切な治療がなされないと、2か月から3か月で急に曲がったり骨が出っ張ったりするなど、見るからにひどい外反母趾へと進行してしまう。



 気をつけたいのは、まだこの病気の実態が知られていないため、「関節リウマチ」や「CM関節症」などと間違われてしまうことだ。

・手指の第一関節が太くなって変形するのが「ヘバーデン結節」
・指の付け根の関節が腫れたり変形したりするのが「関節リウマチ」
・親指の付け根の関節に起こるのが「母指CM関節症」

 本書ではこれらの違いをていねいに解説しているので、気になる方はぜひ手に取ってほしい。しかしこういった「診断」は素人じゃとてもできない。「もしや?」と感じたら、すぐに専門医を頼ろう。

■自分でできるヘバーデン結節の改善方法

 ヘバーデン結節は関節リウマチと違って、現状では治療法が確立していない。そこで自分で改善するテーピングが大切になる。



「指先ヘバテープ」というヘバーデン結節専用のテープが市販されている。簡単で便利に複数の指を安静固定できるので、ぜひ薬局やネット通販で探してみてほしい。もし「指先ヘバテープ」がなければ、厚紙副子(添え木)を指の手の平側に当て、薄いテープで弱めに巻いてもOKだ。

 とにかく指先に痛みを感じたら、テーピングで安静固定し、炎症をできるだけ早く鎮め、変形を最小限に食い止めること。まずは1か月ほど安静固定して、よくなったあとも引き続き3か月から半年を目安に安静固定しよう。

 また痛みが強いときや炎症期には、指先ヘバテープ2枚を上下または左右に貼って、固定力を増す方法もある。これらの方法は本書で詳しく解説されているので、気になる方はチェックしてほしい。

 医学が大幅に進歩した21世紀になっても、実態の分からない病気がまだまだ存在する。ヘバーデン結節はその1つであり、「関節リウマチの治療を受けても緩和しない」「外反母趾がひどくて悩んでいる」という人は、この病気を疑ってほしい。できれば一人で判断せずに専門医を頼ってほしい。

文=いのうえゆきひろ


動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 指がトランスフォームするって事か?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 治療法が確立されていないって書きながら、治療には自分でテーピングって……それでよくなるなら治療法確立されてるっていうんじゃないの???? 本書で確認って、めっちゃ販促記事じゃん
    • イイネ!27
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(39件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定