ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > ロングスカートで自転車の運転、あり?なし?気を付けるべきポイントや便利グッズも

ロングスカートで自転車の運転、あり?なし?気を付けるべきポイントや便利グッズも

15

2019年05月24日 11:51  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

女性に人気のあるボトムといえば、ロングスカートやワイドパンツ。しかしその格好で自転車に乗るとなると、裾がチェーンやタイヤに巻き込まれて事故につながる……なんてことも珍しくはありません。ひょっとしたらみなさんも実際に事故にあったり、身近な人にそんな経験があったりするかもしれませんね。
『ロングスカートで電動アシスト自転車に乗っても大丈夫ですか? ロングスカートやワイドパンツを履いて自転車に乗ったら、裾がチェーンに絡まって破れた……など聞いたことがあって気になっています。基本的に電動アシスト自転車はチェーン部分は見えないようになっていると思うのですが。実際にロングスカートなどを履いて乗られている方はおられますか? また、乗っても大丈夫ですか? 教えて下さい』
今回ママスタBBSに投稿してくれた女性も、ロングスカートやワイドパンツなど裾が広がっているボトムで自転車に乗っても大丈夫かと心配している様子。投稿に対して、たくさんのアドバイスや経験談などが集まりました。それではさっそく、コメントの数々を見ていきましょう。

危ないからやめた方がいいのでは……



まずは、「裾の広がったボトムで自転車を運転するのは危ないからやめた方がいい!」と警鐘を鳴らしてくれたみなさんのコメントを見てみましょう。

スカートを切るハメに!?みんなの事故目撃談

『昨日、後ろのタイヤにロングスカートが巻き付いてるママがいたよ。前後に子どもを乗せていた。ちょうどスーパーの駐車場出入り口で、警備員がいて助けてもらっていた。本当に危ないから、履かない方がいいよ』
『ロングスカートが巻きついて、動けなくなっていた人がいたよ。手伝ってあげていたんだけど、全然取れなくて、結局ハサミを買ってきてあげた。何回も「切っていいのか?」って聞いたけど、どうしようもなくて切った。綺麗なラベンダー色のスカートだったわよ……』
まずご紹介したのは、裾が巻き込まれてしまう事故を目撃したみなさんのコメントでした。タイヤやチェーンに巻き込まれて身動きが取れなくなってしまう……という事故が多いようですね。さらには、どうしようもなくなってスカートを切る事態に陥ってしまった……と話してくれた方も。お気に入りのスカートだったらと思うと、手伝ってあげる側もドキドキが止まらなくなりそうです……。

実際にケガをしてしまった……事故の体験談

『私はスカートが車輪に絡まって、破れて転倒した。大怪我になるよ。ヒラヒラしてないタイトなタイプのスカートだったら大丈夫かも』
『ワイドパンツとか スカーチョみたいな裾が幅広のやつは、チェーンではなくペダルにひっかかる。降りるときに何回かこけそうになったのと、裾から糸がほつれたこともあるから履いていない』
こちらは、実際に自分の裾が巻き込まれてしまったというみなさんの体験談です。ペダルの部分に引っかかって転びそうになってしまった、タイヤに絡まって転倒してしまったなど、聞いているだけで痛々しい体験談がつづられていました。走行中は気を付けていても、降りるときになって油断してペダルにひっかけてしまう……というのは、ひょっとしたら少なくない事故なのかもしれません。

気を付ければ大丈夫では。実際に乗っている方も


『私は乗っている。でも一応、擦ってないかとか気にしながら乗っているけどね。意外と大丈夫』
『私も乗っているよ〜。長距離は乗らないけど、片道15分くらい』
もちろん、「自分は実際にロングスカートで乗っている」と話してくれた方も多くいました。一体どのようなことに気を付けて乗っているのでしょうか?

こんなポイントに気を付けて!便利グッズもご紹介

『マキシスカートばっかり穿いているけど、乗っている。破れたことはないけど、巻き込んで汚れたことがあるから、目玉クリップでとめている』
『何も気にせず乗ったら、そういう事故は起きると思う。パンツもスカートも少したくし上げたり、膝で挟んで膝を擦り合わせるように漕いだり、少し工夫をすれば5分10分なら大丈夫だよ。私はロングのボリュームチュールスカートでも引っ掛けたことはない』
『ロングスカートで自転車に乗るためのグッズがあるので、検索してみて』
実際に裾の広いボトムで自転車に乗っているみなさんのアドバイスを集めてみました。少したくし上げて乗る、膝に裾を挟んですり合わせるようにしてペダルを漕ぐなど、さまざまな工夫が見受けられました。さらに、目玉クリップや専用のグッズを使用するなど、アイテムを上手に取り入れている方も。少しのコツやアイテムで、より快適に乗れるのかもしれません。
裾の広いボトムで自転車に乗るのは危ないかもしれない……とは思いつつも、オシャレの幅が狭まってしまうのは避けたいもの。そんなときには、ちょっとしたコワザや便利アイテムを使いながら、安全にオシャレを楽しみたいですね。

文・motte  編集・一ノ瀬奈津

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 制服のスカートが長くて乗りにくかったけど何とかなってた。男子の��������が羨ましかったな。マフラーは巻き込むと危険だからコートの中に入れこまなきゃいけなかったのに…
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 後輪の巻き込み防止のパーツとチェーンカバーを取り付ければ大丈夫だけど、適合する自転車が限られる。 https://mixi.at/a8sCB9N
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

あなたにおすすめ

ニュース設定