ホーム > mixiニュース > 社会 > 東・西日本、6月は高温少雨か

東・西日本、6月高温少雨=7・8月は日照不足か−気象庁

61

2019年05月24日 16:31  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 気象庁は24日、夏(6〜8月)の予報を発表した。北・東・西日本の平均気温は3カ月間全体ではほぼ平年並みで、降水量は平年並みか多い。ただ、東・西日本は6月の気温が高く、降水量が平年並みか少ない見通しで、熱中症や渇水に注意が必要。7・8月の気温はほぼ平年並みだが、降水量が平年並みか多くなり、農作物の日照不足が懸念される。

 日本付近上空を流れる偏西風が平年より南を流れ、太平洋高気圧の本州付近への張り出しが弱いとみられることが要因。沖縄・奄美地方の3カ月間の平均気温は平年並みか高く、降水量はほぼ平年並みと予想される。

 【6月】北日本の前半は天気が数日周期で変わり、後半は曇りや雨の日が平年同様に多い。東・西日本は曇りや雨の日が平年より少なく、沖縄・奄美は平年より多い。

 【7月】北日本は曇りや雨の日が平年同様に多く、東・西日本は平年より多い。沖縄・奄美は晴れの日が平年同様に多い。

 【8月】北・東・西日本は晴れの日が平年より少なく、沖縄・奄美は平年同様に多い。 

このニュースに関するつぶやき

  • 美味しいトマトができそーな気候ですが…人間はバテそーです…�դ��դ��դ��դ��դ��դ�
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ������…、ガンガン降ってくれ…。   田んぼ��������の水…。毎年大変なんだ…。
    • イイネ!16
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(31件)

あなたにおすすめ

ニュース設定