ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 「息子ラブ」と「毒親」の違い

「息子ラブ」と「毒親」の決定的な違いは しいたけ.さんが指摘

184

2019年05月26日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真しいたけ./占師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。哲学を研究しながら、占いを学問として勉強。「VOGUE GIRL」での連載「WEEKLY! しいたけ占い」でも人気
しいたけ./占師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。哲学を研究しながら、占いを学問として勉強。「VOGUE GIRL」での連載「WEEKLY! しいたけ占い」でも人気
 AERAの連載「午後3時のしいたけ.相談室」では、話題の占師であり作家のしいたけ.さんが読者からの相談に回答。しいたけ.さんの独特な語り口でアドバイスをお届けします。

*  *  *
Q:息子が大学に入学しました。手塩にかけて育てた息子と一緒に暮らせるのもあと4年。この寂しさを人に言っても、「何言ってんの」「息子ラブ」と言われ、理解してもらえません。もし彼女なんかできたら絶対に歓迎できない自信があります。その時は私の目の届かないところに行ってもらいます。(女性/フリーランス/56歳/いて座)

A:はじめに、いて座の話をします。いて座は「価値がわからない人」が嫌いなんです。このお悩みも、息子さんの彼女を、まだいないにもかかわらず、すでに敵視していますね。自分が手塩にかけて育て上げた、うちの息子の価値が、変な女にわかるわけがない。そういう気持ちなのではないでしょうか。

 でもね、この方、すごく素敵なお母さんだと思います。

「自分は息子ラブ」ってギャグにしながら、彼女を仮想敵にして息子からちょっとだけ手を引こうとしている覚悟がある。私を張り倒してでも自分のやりたいことをやってほしい、っていう、すごく強い愛を感じます。

 こういう溺愛のいいところってたくさんあります。何かを成し遂げる人って、勘違いの偏愛を受けた人が多いと思うんです。例えばノーベル賞を取るような学者さんでも、研究のきっかけは小学校の先生から言われた「お前が数学やったらすごいことになる」という一言だったりする。初めはちょっと大げさに言ったことかもしれないけど、本人にとってはその言葉が宝物になる。そういうものをあなたもたくさん息子さんに与えてきたと思うんです。

 仮に、まだ全然息子から離れるつもりがなかったとしたら、「息子が大学に入ったんですけど、今後いい就職先を見つけられるか不安です」っていう悩みになります。

 これは「支配」であり、依存関係になってしまっている場合です。溺愛が悪い方向にいってしまったのが、いわゆる「毒親」です。自分の夢を子どもに託している人たちです。その原点のどこかに憎しみがあって、自分がこういう目にあったのは親のせいだ、子どもにはそうなってほしくない、と思っている。

 毒親には自分の理想像があって、例えばテストの点数が良かった話は喜んで聞きますが、友達とサッカーやって服が汚れちゃったっていう、自分が不快になる話は無視する。これが子どもにとっては無言の圧力になります。子どもが自分の趣味で買ってきた服にもケチをつけますよね。「なにそれ全然似合ってない」って。これが支配です。

 息子さんが一人暮らしを始めたり、友達と一緒にいる時間が増えたりして、顔つきからあどけなさがだんだん失われていく。寂しさもあると思いますが、支配ではないお母さんの愛情に、息子さんはもう気づいていると思います。

 息子さんが連れてくる彼女、あなたといい友達になれる人だと思いますよ。へー、やるじゃないの、って。

※AERA 2019年5月27日号

【おすすめ記事】共働きする若いパパの間で広がる“子育てシェア”の概念とは?


このニュースに関するつぶやき

  • 若くして産んだ人と私のように高齢出産とはだいぶ違うと思う。前者は恋人やら若い男と不倫してると勘違いされたい(あくまでテレビの情報)らしいが、私的には一刻も早く自立して欲しい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 毒親は基本的に親の自分勝手な論理を押し付けてくる奴のこと。子どもに対する愛があれば、子どものこと考えて引くところはちゃんと引くことができるんだよ。
    • イイネ!125
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(85件)

あなたにおすすめ

ニュース設定