ホーム > mixiニュース > トレンド > 38万円のセルシオと新車のワゴンR。2年乗ったらどっちが得だった?

38万円のセルシオと新車のワゴンR。2年乗ったらどっちが得だった?

18

2019年05月26日 16:21  日刊SPA!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊SPA!

写真特殊な機械を使ったATF交換。オイルパンを取り外して、ATストレーナーも新品に換えた
特殊な機械を使ったATF交換。オイルパンを取り外して、ATストレーナーも新品に換えた
 腕時計投資家の斉藤由貴生です。私はケチなので、お金を使うことにはかなりシビアだと思っています。

 しかし、そんな私が2年前、維持費が高いモノを買ってしまいました。それはセルシオというクルマなのですが、これを所有していると、毎年5月に8万8000円と書かれた自動車税の手紙が届きます。軽自動車ならば、自動車税は1万円程度。それと比べると、セルシオの自動車税はバカみたいに高く、買い替えたくなってしまう気持ちもわかります。

 けれども、そのような“カネ食い虫”のセルシオと、維持費がかからない軽自動車を比較して、私は2年前「セルシオのほうがお得」と書きました

 この「お得」という言葉には、快適性がセルシオのほうが上という意味だけでなく、金銭的な意味も含まれます。新車の軽自動車と中古の格安セルシオを買って3年乗った場合、セルシオのほうが維持費を考慮しても安いと当時判断したのです。

 あれから2年……。私はセルシオを売却しました。

◆2年前に新車でワゴンRを買うと今ならいくらで売れた?

 2年前の記事の段階では、「3年乗る」、「18万円で売る」と言っていましたが、実際は「2年乗って、10万円で売却」という結果となりました。

 私は、セルシオを38万円で購入したため、18万円で売却できた場合、セルシオを“実質20万円”で買ったことになりますが、10万円で売却したため、“実質28万円”という結果となりました。

 そのため、もともとの予定よりは、損な感じになったようにも見えます。実際のところ、どうだったのか?

 私がセルシオを買ったのは2017年5月ですが、当時の記事で比較したのは、新車のワゴンR。ワゴンRは2017年2月にフルモデルチェンジしたため、新車からの値落ちを考えると、ワゴンRにはなかなか有利な条件でした。

 その際に想定していたのは、グレードはハイブリッドFXの2WD、色はシルバー、ETC、ドアバイザー、CDプレイヤー等のオプションを付けるという内容でした。その場合の新車見積もりは、スズキのWeb見積もりによれば139万6000円です。

 先日、私はクルマを売った際、フレンドリーな買取店に、この条件のワゴンRを2年前に買って今売却したら、いくらぐらいで買い取りしてくれるかと聞いたところ、よくて60万円ぐらいという回答でした。

 ちなみに、人気の高いスティングレーのようなグレードだともっと高いようですが、そのぶん本体価格も高く、ハイブリッドFXよりもお得とはいえないようです。

 ですから、ワゴンRを新車で買って2年で売った場合の実質額は、79万6000円(139万6,000円−60万円)となります。

 ワゴンRの実質額が約79万円である一方、セルシオは28万円。車両本体にかかった金額では、セルシオのほうが新車の軽自動車より51万6000円も安いのです。

 とはいえ、いくら本体価格が安くても、誰もセルシオを買おうと思わないのは、「維持するのにお金がかかる」と思われるから。実際、8万円以上という税金を見ただけで、いやになる人は多いでしょう。

 では実際、どのぐらいの維持費がセルシオに発生したのでしょうか?

◆38万円のセルシオ。2年間の維持費はいくらかかった?

 2年乗った私の経験では、セルシオの燃費はリッターあたり6km。ガソリン代を含めた年間維持費は約33万6000円(ガソリン代、任意保険、自動車税、車検費用)といったところでした。

 次に、ワゴンRの年間維持費を計算すると、その総額は約15万6000円(ガソリン代、任意保険、自動車税)。私はワゴンRを所有したことがないため、あくまで仮計算ですが、セルシオより18万円安いことになります。

 ここで重要なのが、セルシオとワゴンRの年間維持費の「18万円」という差です。

 今回の試算の場合、車両本体の実質額(買った金額マイナス売却額)の差は、「約51万円」(セルシオのほうがお得)。ですから、売却額を固定とした場合、2.8年(51÷18=2.8)以上乗った場合、年間維持費が高いセルシオのほうが「損」となるといえます。

 私は、セルシオを購入から約2年で売ったため、実は、新車でワゴンRを買っていたよりも、お得だったといえます。

 この2年間でセルシオにかかった費用は、102万5847円。この金額には、車両の実質額、自動車税、車検費用、任意保険、ガソリン代が2年分含まれています。中古で買ったセルシオは、所有している間に一度、車検を受けたため、3年の車検期間となる新車の軽自動車より不利な条件です。

 それに対して、新車のワゴンRのシミュレーションは、110万9212円。セルシオのほうが8万3366円安かったことになるのです。

 しかしながら私は、セルシオを大変気に入っていたため、趣味的な整備に17万円ほど費やしてしまいました。

 その内容は、以下の通りです。

・まだまだ使えるタイヤをミシュランに交換
・特殊機械を使ったATF交換(通常のATF交換より費用はだいぶ高い)
・ディーラーでの徹底整備(エンジン部品や冷却水交換)

 いずれも緊急性が低いものでした。

 2年前に記事で「軽自動車より安く乗る」と言ったため、特にATF交換は迷ったのですが、「このセルシオをもっと良くしてみたい」と思った結果、全部で17万円分の愛情を注いでしまったのです。

 そのため軽自動車との差額を超過し、実際は軽自動車より8万7759円高いという結果となったのです。

 ただし、私は軽自動車を新車で買ったとしても、タイヤはミシュランに交換したと思いますし、パワーを出すためにエンジンまわりにお金をかけたとことでしょう。ワゴンRでも、軽い愛情整備を実施したら、おそらくセルシオより若干高くなったかと思います。

 いずれにしても、セルシオと新車の軽自動車の差額は、今回の場合では約8万円。つまり、3年未満といった期間では、年間維持費が高いクルマでも、新車の軽自動車を買うのと同等の金額で乗ることができるのです。



【斉藤由貴生】
1986年生まれ。日本初の腕時計投資家として、「腕時計投資新聞」で執筆。お金を使わず贅沢する「ドケチ快適」のプロ。腕時計は買った値段より高く売却、ロールスロイスは実質10万円で購入。著書に『腕時計投資のすすめ』(イカロス出版)と『もう新品は買うな!』がある

このニュースに関するつぶやき

  • 2年落ちワゴンR買取額渋いな… 10年以上前だけど5年乗ったバモスは60万円だった。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • いくら中古でもセルシオが38万円に値下がりするんですかexclamation
    • イイネ!16
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(12件)

あなたにおすすめ

ニュース設定