ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > スーパーGT300鈴鹿 決勝の結果

スーパーGT:K-tunes RC FがGT300鈴鹿連覇。HOPPY 86は最終周に表彰台逃す

8

2019年05月26日 18:31  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2年連続でGT鈴鹿戦を制したK-tunes RC F GT3
2年連続でGT鈴鹿戦を制したK-tunes RC F GT3
 2019年のスーパーGTは5月26日、鈴鹿サーキットで第3戦の決勝レースが行われ、スーパーGT GT300クラスはK-tunes RC F GT3が優勝し、2018年大会に続いて鈴鹿300kmレース2連覇を飾った。ポールシッターのHOPPY 86 MCは最終ラップまで2番手を走行していたが、チェッカー目前のシケインでコースオフして5位でフィニッシュした。

 記録的な暑さに見舞われた第3戦鈴鹿のレースウイーク。決勝日は早朝から薄雲が広がったこともあり、レーススタート時刻の14時30分時点で気温は29度、路面温度42度と予選日よりは下がったものの、5月下旬とは思えないコンディションのなか、52周の決勝レースを迎えた。

 なお、決勝レース直前のウォームアップ走行でマシンを止めていたLEON PYRAMID AMGはピットスタート。ガレージで頻繁にマシンをチェックしていたADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号はグリッドにマシンを進めている。

 三重県警察先導による1周のパレードラップ、セーフティカー先導による1周のフォーメーションラップを経て、レースがスタート。GT300はHOPPY 86、K-tunes RC F、マッハ車検 MC86とグリッド順に1〜2コーナーをクリアしていく。

 GT300はオープニングから各所でバトルがぼっ発する展開に。1周目のヘアピンではSUBARU BRZ R&D SPORTがマッハ車検 MC86を交わして3番手に浮上、さらにマッハ車検 MC86は日立オートモティブシステムズシケインでGAINER TANAX triple a GT-Rにも交わされてしまう。

 また、Modulo KENWOOD NSX GT3がグッドスマイル 初音ミク AMGを交わして7番手に浮上したほか、Hitotsuyama Audi R8 LMSとARTA NSX GT3は抜きつ抜かれつの9位争いを繰り広げた。

 この序盤では埼玉トヨペットGB マークX MCが緊急ピットイン。一度ガレージにマシンを戻している。

 10周目を終えた時点で、クラス首位はHOPPY 86、2番手K-tunes RC F、3番手SUBARU BRZの構図は変わらず。ギャップも1.251秒、1.905秒と大きく広がらない。

 しかし、その後はトップを走るHOPPY 86の佐藤公哉がペースを上げてK-tunes RC Fを引き離しかかると、K-tunes RC Fの後方にはSUBRU BRZが0.5秒まで詰め寄っていった。

 その後方ではRUNUP RIVAUX GT-Rを先頭に、マッハ車検 MC86、Modulo NSX GT3、ARTA NSX GT3、マネパ ランボルギーニ GT3、グッドスマイル 初音ミク AMGが集団で5位争いを展開。14周目、まずはマッハ車検 MC86がダンロップコーナーでRUNUP GT-Rを交わして集団から抜け出していく。

 K-tunes RC FとSUBARU BRZによる2位争い、そして集団の6位争いが激化すると思われた15周目、GT500クラスのMOTUL AUTECH GT-Rが130Rでクラッシュしたためセーフティカーが導入。レースは一度仕切り直しとなる。

■HOPPY 86が無交換作戦敢行も終盤にペース上がらず

 セーフティカーランは約17分続き、GT300の周回で21周目から再開。すると、このタイミングでトップのHOPPY 86をはじめ、マッハ車検 MC86、RUNUP GT-R、初音ミク AMGなどが相次いでピットイン。トップのHOPPY 86は給油とドライバー交代のみのタイヤ無交換作戦を取り、24.8秒の停止時間で暫定17番手でコースへ復帰した。

 これで見た目上のトップにはK-tunes RC Fが浮上。2番手にSUBARU BRZ、3番手にARTA NSX GT3、4番手にマネパ ランボルギーニ GT3がつける形となる。

 トップのK-tunes RC Fは23周目終わりでピットへ向かうと、37.7秒の停止時間でコースへ。しかし、先にピットを済ませていたマッハ車検 MC86に交わされ、暫定15番手でコースへ復帰する形となった。

 28周目、実質的に2位を争うマッハ車検 MC86とK-tunes RC Fが接近すると、29周目の130RでK-tunes RC Fの阪口晴南が、マッハ車検MC86の坂口夏月をオーバーテイクしてみせる。

 33周目、暫定トップだったシンティアム・アップル・ロータスがピットへ向かい、全車がルーティンのピットワークを完了。タイヤ無交換作戦に打って出たHOPPY 86が見た目上でもトップへ上がると、14.955秒後方に2番手K-tunes RC F、以下、マッハ車検 MC86、マネパ ランボルギーニ GT3、SUBARU BRZと続く形となる。

 十分なマージンを築いていると思われたHOPPY 86だったが、ラップペースが2分3〜4秒台後半と思うように上がらず。K-tunes RC Fが1周あたり2秒近いペースで接近すると41周目のホームストレートで、0.182秒差のテール・トゥ・ノーズに持ち込む。

 1コーナー〜S字でHOPPY 86松井孝允の背後につけたK-tunes RC F阪口は、ダンロップコーナーでイン側ラインを選択すると、デグナーへの加速で松井をパス。クラストップに浮上した。

 その後方では、表彰台圏内の3番手を走行していたマッハ車検 MC86が1〜2コーナーでGT500のカルソニック IMPUL GT-Rと交錯してしまい、この隙にSUBARU BRZがオーバーテイクに成功して3番手に浮上する。

 しかし、交わされたマッハ車検 MC86は44周目のホームストレートで軽々とSUBARU BRZを抜き返し、ポジションを取り戻してみせた。

 トップに浮上したK-tunes RC Fはみるみるリードを広げてトップチェッカー。荒天により途中終了となった第1戦岡山に続くシーズン2勝目を挙げるとともに、2018年大会に続くGT鈴鹿戦2連勝を飾った。

 また、新田守男は自身の持つGT300クラス最多優勝記録を更新、阪口はGTデビューから3戦中2勝という結果を手にすることとなった。

 後方の2位争いは、2分8秒台までペースが落ちていたHOPPY 86がポジションを守ってファイナルラップに突入したものの、無交換だったタイヤが限界を迎えたか、シケインのブレーキングで止まりきれずオーバーラン。

 ランオフへ飛び出した間に、マッハ車検 MC86、SUBARU BRZ、初音ミク AMGに相次いで交わされて表彰台圏内から陥落してしまった。

 これによりマッハ車検 MC86がシーズン初の表彰台を獲得、SUBARU BRZは2018年に続き2年連続のGT鈴鹿戦3位表彰台を手にすることになった。

 初音ミク AMGが4位、HOPPY 86が5位でチェッカーを受けたほか、6位以下は、ARTA NSX GT3、Modulo KENWOOD NSX GT3、Hitotsuyama Audi R8 LMS、GAINER TANAX GT-R、GAINER TANAX triple a GT-Rと続いている。

 シーズン序盤3レースを終えた2019年のスーパーGT。第4戦は約1カ月のインターバルを挟んだ6月29〜30日に、タイ・ブリーラムにあるチャン・インターナショナル・サーキットで行われる。

このニュースに関するつぶやき

  • 300もトヨタかあ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • チーム郷のマクラーレンがんばれ(-ω-`_)⌒)_
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ニュース設定