ホーム > mixiニュース > コラム > 髪型で未婚か既婚かわかる? ヘアースタイルは大昔からこだわり抜かれていた

髪型で未婚か既婚かわかる? ヘアースタイルは大昔からこだわり抜かれていた

3

2019年05月26日 19:31  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(Koji_Ishii/iStock/Thinkstock)
(Koji_Ishii/iStock/Thinkstock)

ショート、セミロング、ロングなどなど、髪型には様々なスタイルがある。最近では、顔の形をデータで取り込んで似合う髪型を探すことができるアプリも。髪型によって、人の第一印象は大きく変わる面もあるため、とても大切だ。

 

■古代から人は髪型にこだわりを持っていた

今でこそ、髪型は自分の好みや、見られたい印象で自由に変えることができるが、はるか昔は、権力や民族の象徴、役割を示すなど、時代や場所によってその意味は異なる場合もあった。

例えば、弥生時代や古墳時代の男性は、はにわなどで見られる「ミズラ」が主流であり、なかには身分の高い人がしていたと言われる「ミズラ」のタイプもあったそうだ。また、古代中国では、未婚か既婚かで、髪型を変えることもあったといわれている。

地位や民族などで髪型を変えるということは、現代日本では珍しいが、「こだわり」という点では古代も現代も気持ちは一緒なのではないか。

 

■髪型にこだわりのある人は2割

そこで、しらべぇ編集部が、全国10〜60代の男女1732名を対象に調査したところ、「髪型にこだわりがある」人は、全体の21.7%。雑誌などで様々なヘアースタイルを紹介していることから、こだわる人は多いのかと思いきや、わずか2割という結果だった。

男女別では、男性は16.4%、女性は26.3 %と、女性が約10ポイントも高い結果だ。女性は髪型だけではなく、メイクやファッションなどトータルでおしゃれに対する意識が高いためだろうか。

■10代男性は髪型重視?

さらに男女年齢別で見ると、こだわりがある人は、やはり全体的に女性が高めの割合。とりわけ、50代女性が29.2%と一番割合が高い。ちょうど髪質が変わってくる人も多いのだろうか。その影響かもしれない。

また、男性は10代が28.4%と、男性のなかでは突出して多い。10代というと、異性の目を意識し始めたり、仲間内でファッションなどに興味が出たりしてくるころ。男性が一番髪型をこだわる年齢なのかもしれない。

 

■恋愛体質の人は容姿に関心

一方、常に恋愛を求める「恋愛体質」で、こだわりがある人は34.6%。「恋愛体質ではない」人は19.4%と、恋愛体質の人のほうが大幅に割合の高いことが判明。恋愛体質であるほど、自分の容姿を含めた髪型にも、関心が高いのかもしれない。

昨今では、会社勤めだとしても、髪色も含めて、様々なスタイルが容認されている職場も多い。ぜひ自分に合った髪型を楽しんでいきたいものだ。

・合わせて読みたい→美容院で「有名人と同じ髪型」を注文するのはどんな人?

(文/しらべぇ編集部・ヨザワ マイ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日
対象:全国10代〜60代の男女1732名 (有効回答数)

このニュースに関するつぶやき

  • 頭に、ラ○ンドアップマ○クスロードを浴びたらツルツルになるかな?容姿容姿恋愛恋愛って毎回煩ぇよバカタレwww因みに俺は年中ズーボー
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • この文脈での「こだわり」は、「凝る」「工夫する」「好みがある」。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定