ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 存亡の危機に立つF1イギリスGP

高騰する開催権料にEU離脱も影響か。存亡の危機に立つF1イギリスGP

67

2019年05月27日 16:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真F1イギリスGPから消えることのない不安とは
F1イギリスGPから消えることのない不安とは
「最後のイギリスGPを観に行こう」

 これはシルバーストンのウェブ広告で使われているキャッチコピーだ。言うまでもなく、2019年F1世界選手権イギリスGPのチケットを少しでも多く売るための宣伝文句だが、マーケティング目的の根拠のない”煽り”というわけでもない。このレースの将来は、実際に深刻な危機に直面しているからだ。

 シルバーストンのグランプリ開催契約は、本来なら2027年まで有効だった。だが、2020年以降の開催権料を支払う見通しが立たないことから、サーキット側は契約に含まれる解約条項を行使した。  

 その結果、2020年以降について効力のあるイギリスGPの開催契約は存在しない。

 2015年と2016年のレースは約750万ポンド(約10億9000万円)の赤字をだしており、2017〜18年についても状況は似たようなものと考えられている。

 しかも困ったことに、巨額の費用をかけた路面の再舗装は仕上がりが悪く、コースのあちこちにできたバンプにイギリス名物の雨も加わって、2018年のMotoGPレースは中止を余儀なくされた。

 こうして彼らは、さらに大きな損失を被った上に、路面舗装のやり直しも迫られている。

 F1がイギリスGPの継続を望んでいるのは周知の事実だ。しかし、そのためには収益構造の改善が必要であり、話し合いは続いているものの、たしかな解決方法はみえていないようだ。

 イギリスGPは1926年に初めて開催され、シルバーストン以外にもブルックランズ、エイントレー、ブランズハッチなどで開催されてきたが、現在では他のサーキットはいずれもグランプリレースが要求する基準を満たしていない。また、ロンドンでの市街地レースという代替案はあるものの、その実現にはまだしばらく時間がかかる。

 さらには、ブレグジット(イギリスのEU離脱)が現実のものになると、英ポンドの為替レートは史上最低水準にまで下がる可能性が高く、シルバーストンにとってグランプリ開催権料の支払いは一層困難になるだろう。

 イギリスGPの継続が危ぶまれるなか、F1は年間23〜24戦へとカレンダーの拡大を目指している。すでに2020年からカレンダーに加わることが発表されたベトナム、オランダ(ザントフールト)のほか、現時点では南アフリカのキャラミ、そしてアメリカでの第2のレース(ラスベガスかマイアミ)などが新たな開催地の候補とされている。

このニュースに関するつぶやき

  • ブランズハッチと言えば…フライングジャパニーズ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • F1の総元締めのイギリスでさえこのテイタラクなのだからよっぽど巨大なパトロンが現れないとF1に未来はないな�ܥ����äȤ�����
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(36件)

あなたにおすすめ

ニュース設定