ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > ゲーム > 佐藤健「花嫁論争が繰り広げられる予感」山田孝之ら『ドラクエ』キャストコメント到着!

佐藤健「花嫁論争が繰り広げられる予感」山田孝之ら『ドラクエ』キャストコメント到着!

1

2019年05月27日 17:03  cinemacafe.net

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』(C)2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会(C)1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』(C)2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会(C)1992 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
ゲーム「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」のストーリーを原案に、シリーズ初のフル3DCGアニメーションで映画化する『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』。この度、主人公の声を担当する佐藤健をはじめ、有村架純、波瑠、山田孝之からコメントが到着。併せて最新場面カットが公開された。



今作は、先に台詞を収録し、それに合わせて口の形やキャラクターの表情などを作画するプレスコ形式での録音が全キャストに採用され、2年前に全くアニメーションができていない状態で声を収録したそう。そしてこの度、出来上がってきたアニメーションに合わせて、追加のアフレコが敢行された。

行方不明の母を探すため冒険に出る主人公・リュカ役の佐藤さんは「アフレコは難しいので苦労しましたが、直前にラッシュ映像を観せていただいて臨めたのでやりやすかったです。何より作品が本当に素晴らしいので、楽しく出来ました。2年前にプレスコした時にはリュカというキャラクターを掴むまでに時間がかかりましたが、今回は自分の中にまだリュカが残っていたので割とスムーズに出来たと思います」とアフレコの感想を明かし、「ゲームの醍醐味の一つである、どちらを花嫁に選ぶのかという部分を、『こう来たか!』という描き方をしているので是非注目して観て頂きたいです。映画を観て、また“花嫁論争”が繰り広げられる予感がしています」と見どころを語っている。


また、サラボナの平和を脅かす魔物を倒すため共闘するビアンカ役の有村さんは、2年ぶりのビアンカのアフレコにとても緊張したそうで、「台本を読み返してみて、どんな声だったか覚えているかな? と思いながら現場に来ましたが、やはりなかなかビアンカの感じを掴むのに時間がかかりました。けれどアフレコしていくうちにどんどん戻ってきました」と少し苦労した様子。


サラボナの大富豪の娘・フローラ役の波瑠さんは「2年前にプレスコした時には絵がなかったのですが、映像が出来上がった物を見せていただき、自分が演じたシーンを全部録り直させてもらいたいという気持ちがあります(笑)」と言い、「改めてアフレコしてみて思ったことは色々とあるんですけど、普段演じているお仕事以上に、こういう作品だと自分の声というのは本当にごく一部なんだなと思いました。キャラクターの表情や感情に出来る限り沿いたいと思いましたが、やはり難しかったですね」と改めて声の演技の難しさを感じたそう。


そして、リュカの父・パパス役の山田さんは「自分が子供の頃に実際にゲームをプレイしていた時、パパスのラストシーンが凄く悲しかったです。なので、最初にパパス役と聞いた時は嬉しかったのですが、偉大で、強くて、とても頼りがいのあるお父さんが自分の目の前でいなくなってしまう、その感動を与えなくてはいけないということと、ここから物語が一気に加速していくのでプレッシャーが大きかったです」と明かし、「出来上がった映像を観ましたが、完成度が高く、とても綺麗です。劇場で観るのが今から楽しみです」と映像を見た感想を述べた。


また、豪華キャストらが登壇予定の本作のワールドプレミアが7月16日(火)にTOHOシネマズ六本木にて行われることも決定。そして、5月31日(金)からは全国の映画館(一部劇場を除く)にて映画の前売券も発売スタートする。

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は8月2日(金)より全国東宝系にて公開。

(cinemacafe.net)

    あなたにおすすめ

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定