ホーム > mixiニュース > コラム > “お墓のそば”や“訳アリ”物件はイヤ!? 部屋探しに関するアンケート

“お墓のそば”や“訳アリ”物件はイヤ!? 部屋探しに関するアンケート

1

2019年05月29日 05:41  OVO [オーヴォ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

OVO [オーヴォ]

写真“お墓のそば”や“訳アリ”物件はイヤ!? 部屋探しに関するアンケート
“お墓のそば”や“訳アリ”物件はイヤ!? 部屋探しに関するアンケート

 アルティメット総研(東京)は、運営サイト「ウチコミ!」で入居希望者会員201人を対象に「部屋探しに関するアンケート」を実施した。それによると、ネットでの部屋探しの時間帯は、昼(12時〜17時)が29.5%、夜(19時〜23時)が27.6%、夕方(17時〜19時)が19.5%、深夜(23時以降)が14.6%、朝(6時〜12時)が8.8%という結果に。ネット検索というと夜遅くのイメージが強いが、昼間に検索する人が多い。

【写真】関連情報を含む記事はこちら

 部屋の契約の際に特に負担に感じている費用を聞くと(複数回答可)、多い順に、礼金 (17.7%)、仲介手数料(15.9%)、更新料(12.2%)、敷金(12.1%)、保証料(9.7%)、クリーニング費(8.9%)、鍵交換費用(8.0%)、消毒費(7.8%)、管理費(4.6%)、家財保険料(3.1%)となっている。最近は、礼金、敷金なしといった物件も増えているようだが、最も多かった回答は礼金。一方、クリーニング費や鍵交換費用などは、借りる場合に必要なコストと割り切って考えている人が多いのかもしれない。

 いくつか選択肢を挙げて、家賃が安ければ住んでもよいと思う物件にチェックしてもらったところ(複数回答可)、保育園、幼稚園、学校付近の物件(23.0%)、大通り沿いの物件(15.3%)、線路沿いの物件(14.4%)、病院付近の物件(13.9%)、繁華街・飲食店付近の物件(11.4%)、お墓・葬儀場付近の物件(7.7%)、ゴミ置場付近の物件(6.0%)、心理的瑕疵(人が亡くなった、火事などがあった等)の物件(4.2%)、工場・鉄塔付近の物件(4.1%)の順に多かった。

 お墓のそばや、いわゆる“訳あり物件”、工場、鉄塔のそばなど安全が気になる物件は敬遠される傾向にあるが、これらに住んだことがあるかを聞くと、実際に少ない。そのような物件には住んだことがないという人は14.2%で、保育園、幼稚園、学校付近の物件と大通り沿いの物件に住んだことがある人はそれぞれ2割近くと、結構いる様子だ。

 最近、目立つようになってきたシェアハウスについては、住んでみたいという人は17.2%、住んだことがある人は10.7%、現在住んでいる人が1.0%で、7割以上の人が住みたくないと回答。また、民泊については、自分が住んでいる部屋の隣が民泊をしていると知った場合どう対処するかとの問いに対する答えは、管理会社または大家さんに相談する(55.5%)、まったく気にしない(25.0%)何も言わず他の物件を探す(10.0%)、我慢して住む(9.5%)の順だった。

 最後に、賃貸物件に住んだことがある人に入居期間を聞くと、「4年以上〜」が36.0%と最も多く、2年以上〜4年未満(25.7%)、1年以上2年未満(24.1%)、1年未満(14.2%)となるなど、約6割の人が更新期をまたいで2年以上住んでいるようだ。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 今はお墓のそばとか言う人いる??ww
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定