ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 【主婦在宅ストレス症候群】夫の神経を参らせる!注意したい「妻の不用意ワード」3

【主婦在宅ストレス症候群】夫の神経を参らせる!注意したい「妻の不用意ワード」3

4

2019年05月29日 06:41  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
世の中の夫たちから、だんだん覇気がなくなっているような気がしませんか。

このままだと「嫌われ妻」決定!? 夫婦関係が壊れていく4つの要因

近頃、妻の強い態度や言動に傷つき、追い込まれていく夫が増えています。深刻なものだと「主婦在宅ストレス症候群」と呼ばれ、家に帰って妻の顔を見るだけで体調が悪くなってしまう夫もいるとか。

今回は、うかつに使うと夫のメンタルを破壊しかねない、危険なセリフを3つピックアップ。

「しまった、もう言ってしまった」という覚えがあるなら、夫の健康を願って、今後封印してもらえればと思います。

■「そんなこともできないの?」

「そんなこともできないの?」

この言葉は、夫にとんでもない衝撃をもたらします。

自分の能力を妻に疑われた夫の屈辱感は、はかり知れません。「不能感」は、男性に立ち直るのが難しいほどの打撃を与えるのです。

誰しも、得意なことと苦手なことがある。妻には簡単に思えても夫にできないことはあるし、その逆も然りです。大目に見ましょう。

■「もっとしっかりしてよ!」

続いては、「もっとしっかりしなさいよ」「もっとシャキッとしなさいよ」といった叱咤系セリフ。まずいことに、夫が疲れている時や落ちこんでいる時ほど、こう言いたくなる妻が少なくないようです。

しかし結果は、夫がさらに鬱々としたり、倦怠感が増したりするケースも。タイミングがまずいです。弱っている時に要求するのは酷です。

また、妻が夫に「もっと男らしくしてほしい」と理想の夫像を押しつけていることもありそう。男性には頼りがいがあってほしい、強くあってほしいという、男性性の搾取ですね。

妻だって、夫に「もっと女らしくしろ」と過度に要求されたら、ストレスに感じるのではないでしょうか。それも「女ならおとなしく言うことを聞け」のような、古典的すぎる女性性の搾取は不快ですよね。

ステレオタイプな価値観を押しつけた結果、パートナーのストレス度が高まってしまうことは多いので、気をつけたいところです。

■「うっとうしい」

「うっとうしい」「うざい」は、言っている本人には不思議なくらい悪気がなく、気軽に口にしてしまう場合が多いようです。

面と向かって本人に言い放つ妻もいますし、知り合いに「夫がうっとうしい」と平気で話している妻も、なぜかよく見かけます。

こうして不用意に放ってしまった一言が、夫のメンタルを台風のように直撃します。

「このくらい、たいしたことないんじゃない?」と決めてかかるのが、一番怖いことかもしれません。

自分には「いや、こんな些細な一言で」と思えるようなことでも、思い込みにとらわれず、夫が傷つくなら言ってはいけない言葉なのだと認識しましょう。

■どちらが威張ってもOUT!

実は、これまでよく問題視されていたのは「主人在宅ストレス症候群」の方でした。家で一日中ごろごろ、何もしないわりには尊大な態度をとる……。そんな夫へのストレスから、妻が変調をきたすというパターンです。

近年、逆バージョンの「主婦在宅ストレス症候群」も目立ち始めています。妻に対するストレスから、夫が元気をなくしていっているのです。

なぜ今、「主婦在宅ストレス症候群」は増えているのでしょうか。

細かい問題はいろいろあるものの、広い意味では、社会は男尊女卑から男女平等に移りつつありますね(一応)。その社会の変化とともに、「主婦在宅ストレス症候群」が顕在化してきたと見られています。

対等を通り越して、ぞんざいな口の利き方をしたり、容赦ない態度をとったりするモラハラ妻が増え、夫が悲鳴を上げることが出てきているのです。

夫が威張って妻がつき従うというのも、古くておかしな慣習ですが、妻が威張って夫を委縮させる図式も奇妙なものです。

自分だけ都合がよければいいというものではないですよね。問題は、夫と妻が上下関係になってしまうことのはずです。

夫婦がもっとお互いを認め合う風潮が広まれば、「主人在宅ストレス症候群」も「主婦在宅ストレス症候群」も両方減るかもしれませんね。

このニュースに関するつぶやき

  • 言うのは、夫だけじゃないでしょ?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • (/ω\*)
    • イイネ!23
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定