ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > フジロックにも出演のTempalay『のめりこめ、震えろ。』は岡本太郎のように情熱的!

フジロックにも出演のTempalay『のめりこめ、震えろ。』は岡本太郎のように情熱的!

0

2019年05月29日 15:30  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR TRAX」。J-WAVE がプッシュしている楽曲の中から毎日1曲をピックアップして掘り下げ、今聴くべきアーティスト、ネクストブレイクアーティストを紹介。5月28日(火)のオンエアでは、Tempalayの『のめりこめ、震えろ。』をピックアップしました。


■長野の山奥で合宿して……

SONAR MUSICではお馴染みTempalay。あっこゴリラも、自身のアルバム『GRRRLISM』の収録曲でコラボしたことがあり、「Tempalay、最高です」と絶賛。そんなTempalayの新曲『のめりこめ、震えろ。』が今回、「SONAR TRAX」に選ばれました。

タイトルからして衝撃的ですが、どのようにして制作されたのでしょうか。番組では、小原 綾斗さん、藤本 夏樹さん、AAAMYYYさん、3人揃ってコメントをいただきました。

小原:攻撃力の高い破壊的な曲を、アルバムの一発目にもってきたいなと思って作り出したときに、岡本太郎さんが思い浮かび、岡本さんのような情熱的な曲を作りたいなと思い作りました。
AAAMYYY:いい曲になりましたね。
小原:楽曲制作は、長野の山奥、標高1000メートルで酸素ボンベつけて、合宿して作りました。
藤本:雪の中でね。しかも大雪で……。
小原:文字通り、震えましたね。いい曲になったかなと思います。


あっこゴリラは、「Tempalay、長野の山奥めちゃめちゃ合いますよね。ナチュラルトリップできる音楽性だから、まさにレペゼン長野っていっても過言じゃない感じがしちゃう」とコメントしました。


■音楽業界に対して宣戦布告

『のめりこめ、震えろ。』のMVは、PERIMETRONがプロデュースし、yahyelの山田健人さんが映像監督を担当しています。さらに、MVの制作エピソードは……。

小原:ミュージックビデオのコンセプトは、音楽業界とか何かに対する宣戦布告みたいな、どんな表現にもある程度までは取り込めても、絶対的に勝てない強大な何かがある、そうゆうものを作りました。
AAAMYYY:最後、倒されるよね。
小原:そう。コンプラとか何かしらで閉ざされてしまうことがあるという憤りを描いたミュージックビデオになっています。


あっこゴリラは、「このミュージックビデオ、冒頭からすごいですよね。一気に引き込まれる、ものすごい映像です。観てない方はぜひチェックしてみてください」とコメント。曲を聴いて、「最高ですね。Tempalayの何がすごいって、この印象的なギターフレーズ。一緒に作った曲もそうなんですけど、綾斗くんってきっと何も考えずポンポンできちゃう人なんだと思う。それがすごいなって」と大絶賛しました。

今年のFUJI ROCK FESTIVAL '19に2年ぶりに出演するTempalay。「聴いた瞬間みんなが驚くようないいライブをする」と意気込みを語りました。


この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定