ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 室屋義秀が参戦する“空のF1”、レッドブル・エアレースが2019年限りで終了。9月日本戦がフィナーレに

室屋義秀が参戦する“空のF1”、レッドブル・エアレースが2019年限りで終了。9月日本戦がフィナーレに

4

2019年05月29日 20:01  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真室屋義秀が参戦しているレッドブル・エアレースが2019年限りで終了する
室屋義秀が参戦しているレッドブル・エアレースが2019年限りで終了する
 レッドブルが主催する“空のF1”、レッドブル・エアレースが2019年シーズン限りで終了することがアナウンスされた。

 レース専用の飛行機を使い、パイロンで区切られた特設コースを飛行してタイムを競うレッドブル・エアレース。シリーズは2003年にスタートし、途中中断を挟みながらも、これまで90戦以上が開催されてきた。

 日本では2015年から千葉県でシリーズ戦が開催されてきたほか、日本人パイロットの室屋義秀は2017年、第101回インディ500ウイナーの佐藤琢磨が見守る前でチャンピオンを獲得している。




 また、室屋は富士スピードウェイのスーパーGT戦でデモンストレーションフライトを披露しており、メインストレート上のセガサミーブリッジすれすれを飛行するテクニックに息を呑んだファンも多いはず。

 そんな室屋が参戦するレッドブル・エアレースは5月29日にステートメントを発表。2019年シーズン限りでシリーズに幕を下ろすことを明らかにした。

 シリーズ終了に至った理由について、ステートメント内では「レッドブル・エアレースは高いレベルのエンターテインメントに成長していたが、レッドブルが主催する他の世界選手権と比較して、業界外から十分な興味を引くことができなかった」と説明されている。

「2003年のシリーズスタート以降、90戦以上が行われ、世界屈指のパイロットたちが目を見張るようなスピードで低空を飛び、素晴らしいフライトを披露してくれていた」

「レッドブルは、素晴らしいシリーズと記憶を作ってくれたシリーズに参戦してくれたパイロットとチーム、パートナー、大会の開催地、そして世界中のレッドブル従業員に感謝したい」

 2019年シーズンのレッドブル・エアレースは全8戦が予定されていたが、今回のシリーズ終了の告知に合わせてカレンダーの変更も発表された。シーズンは残り3戦で6月15〜16日のロシア戦、7月13〜14日のハンガリー戦、そして9月7〜8日の日本戦でフィナーレを迎える。

このニュースに関するつぶやき

  • エアレースが終わろうがなんだろうが、これからも室屋義秀さんのファンです。しかし、残念だ・・・。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • エアレースが終わろうがなんだろうが、これからも室屋義秀さんのファンです。しかし、残念だ・・・。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定