ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 『ハリー・ポッター:魔法同盟』日本語音声に小野賢章ら起用決定 “8年ぶりのハリー”をどう演じる?

『ハリー・ポッター:魔法同盟』日本語音声に小野賢章ら起用決定 “8年ぶりのハリー”をどう演じる?

1

2019年05月30日 14:01  リアルサウンド

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

 WB GamesとNianticは5月30日、2019年内に配信予定の、ゲームアプリ『ハリー・ポッター:魔法同盟』において、日本語音声を搭載することを発表した。


(参考:『ポケモンGO』のナイアンティックが手がけるARゲーム 『ハリーポッター:魔法同盟』トレーラーが公開 ) 


 お馴染みのハリー、ロン、ハーマイオニーのトリオが大人に成長して再登場。さらに、それぞれのキャラクターを映画の吹き替え声優と同じ小野賢章(ハリー)、常盤祐貴(ロン)、須藤祐実(ハーマイオニー)が担当する。


 本作の内容は、プレイヤーが魔法界からマグルの世界に溢れてしまった魔法道具や生物、さらには魔法界の人々をあるべき場所に戻し、この大災厄の謎を解き明かすため、現実世界での冒険に出かけるというものだ。


 映画最終作『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』 公開からはや8年。大人になった彼らは果たしてどんな姿で現れるのか……。魔法使いの一員として、 大人のハリーたちとの8年ぶりの冒険を楽しみに待とう。


■ハリー役 声優の小野賢章コメント
 8年ぶりにハリー・ポッターを演じたのですが、久しぶりすぎるのと今回が大人になったハリーなので、新しいキャラクターを演じるような感覚でした。ですがまた魔法の世界に行けるワクワクを味わえて楽しかったです。


 今回、闇払いになったハリーを演じるのは感慨深いものがありました。正義感の強さと、たまにお茶目なところがあるハリーの魅力を残しつつ、歳を重ねたなぁと、思ってもらえるように意識しました。 ゲームとしてもとても面白いものになっていると思います。皆さんも是非、魔法使いになって、マグルたちに魔法使いの世界がバレないよう守ってください!


 また、本作は日本語字幕だけでなく、日本語音声ローカライズ対応のため、イヤホンを使用し、音声を聞きながらプレイいただくと、よりリッチなゲーム体験が楽しむことが可能となっている。


(編集部)


    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定