ホーム > mixiニュース > 海外 > 出産終えて退院し自宅に向かった夫婦、新生児をタクシーに置き忘れる(独)

出産終えて退院し自宅に向かった夫婦、新生児をタクシーに置き忘れる(独)

2

2019年05月30日 16:42  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真「なぜ忘れるのか!」Facebookには非難の声も(画像は『Polizei Hamburg 2019年5月20日付Facebook「FAMILIENZUSAMMENFÜHRUNG」』のスクリーンショット)
「なぜ忘れるのか!」Facebookには非難の声も(画像は『Polizei Hamburg 2019年5月20日付Facebook「FAMILIENZUSAMMENFÜHRUNG」』のスクリーンショット)
新米ママであれば、生まれたばかりの我が子は目に入れても痛くないほど大切な存在だろう。しかしこのほどドイツで、出産したばかりの我が子をタクシーに置き忘れるという驚くようなミスした夫婦の一報が届いた。『Mirror』『CTV News』などが伝えている。

今月20日、独ハンブルク警察のFacebookに投稿された内容が人々の注目を集めた。それによると、病院で第2子の出産を終えた夫婦が新生児を連れてタクシーで自宅に帰ろうとした時に起きたハプニングが綴られている。

夫婦は自宅到着後に料金を支払い、上の子をタクシーから降ろして自分達もそのまま降りたが、後部座席にいる新生児のことをすっかり忘れていたのだ。

気付いた時にタクシーはその場から走り去ろうとしており、父親が必死に追いかけたもののタクシーは通りから見えなくなってしまった。また当時、新生児は静かに眠っていたこともあり、運転手もその存在に気付かなかったという。

その後、運転手は新生児を乗せたまま走らせ、昼食をとる場所の駐車場にタクシーを停めて新生児を車内に残したまま食事したという。幸いなことにハンブルクはこの時期、平均最高気温が17度以下であることと地下駐車場だったこともあり、熱中症などの事故に至らなかったと見られている。

昼食から戻った運転手は、客を捕まえようと空港へ向かった。そして空港に到着し、ある客がタクシーに乗る際に後部座席にいる新生児に気付いた。その瞬間、新生児は目を覚まして泣き叫んだそうだ。

驚いた運転手はすぐに警察と救急隊に通報した。これにより新生児は、その日のうちに両親のもとへ戻ったという。

だがこの出来事は多くの人が驚いたようで、ハンブルク警察署のFacebookには「たとえ喋れなくても自分の子は忘れないでしょ!」「タクシー運転手は客を降ろした後、後部座席を確認するべき」という非難の声が届いた。しかし出産経験者と思われる女性からは「出産後はとても疲れているし、まだお腹に痛みがある場合もあるから、心ここにあらずだったのかもしれない」と擁護する意見もあがっている。

画像は『Polizei Hamburg 2019年5月20日付Facebook「FAMILIENZUSAMMENFÜHRUNG」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

このニュースに関するつぶやき

  • 息子の一茂くんと共に野球観戦後、うっかり自分だけ帰宅した長島元監督並のミスだなぁ
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定