ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > サンダルの洗い方は素材ごとに変えよう!上手にお手入れ方法をマスター

サンダルの洗い方は素材ごとに変えよう!上手にお手入れ方法をマスター

0

2019年05月30日 17:00  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl
■今さら聞けない…サンダルの基本の洗い方は?

出典:photoAC

ここでは、サンダルの基本の洗い方をまとめてみました。
・用意するものはたったの3つ!
サンダルの洗い方と聞くと、なにか特別なものが必要な気になりますが、スニーカーの洗い方と同じように考えてみましょう。サンダルを洗うにあたって、用意するものはたったの3つ。1.タオル2.洗剤3.ブラシだけです。洗剤は、衣類用の中性洗剤や重曹のほか、サンダルの汚れにはボディソープを使うこともできますよ。

【詳細】他の写真はこちら

・早速みてみよう、サンダルの基本の洗い方
ゴムや布、コルクや革など、サンダルには、さまざまな素材のものがあります。ざっくり分けると、ゴムや布などの水洗いできるものと、コルクや革などの水洗いできないものに分類できます。水洗いできるものの基本の洗い方の手順はこちら。1.大きい汚れはシャワーで洗い流す2.洗剤を溶かしたぬるま湯につけ置きする3.ブラシやタオルで汚れをこすって落とす4.よくすすぎ、風通しのよい日陰で干す水洗いできないものの基本の洗い方の手順は次の通りです。1.洗剤をつけたタオルで軽く拭いて汚れを落とす2.風通しのよい日陰で干すサンダルの汚れを落とすときは、ゴシゴシ強くこするのではなく、軽くこする程度で優しく洗いましょう。

■素材別サンダルの洗い方や注意点などを整理

・ラバー製のサンダルの場合

出典:mamagirl2018夏号

『teva(テバ)』などのラバー製のサンダルは、基本的に水洗いが可能なので、汚れが気になり始めたらすぐ水で丸洗いしてしまいましょう。



・布製のサンダルの場合

出典:mamagirl2018夏号

布製のサンダルも基本的には水を使うことが可能です。水につける前に、歯ブラシなどを使って生地の奥に入り込んだほこりや汚れをブラッシングするとよりきれいに洗うことができるかもしれませんね。干すときは、乾燥機は使わず日陰で風を通してしっかり干しましょう



・革のサンダルの場合

出典:mamagirl2018夏号

レインボーサンダルなど革を使ったサンダルの手入れは、水で丸洗いすることはできません。また、洗剤も使わない方がベター。そのため、水でぬらしてしっかり絞ったタオルで汚れを拭きとるようにしましょう。このとき、強くこすってしまわないように気をつけてくださいね。また、『NIKE(ナイキ)』のベナッシも合成皮革を使っているので、基本的には革と同じ洗い方で洗いましょう。



・スエードのサンダルの場合

出典:mamagirl2018夏号

革の裏側を使用したスエード素材のサンダルの洗い方も、基本的には革と同じで水で丸洗いはできません。まずブラッシングをして全体の汚れを落としてから、よく絞ったタオルで少しずつぬらしながら洗っていきましょう。



・ヌバックのサンダルの場合

出典:筆者撮影

革の表側を使用したヌバック素材のサンダルとして、『BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)』を思い浮かべる人も多いかもしれません。ビルケンシュトックでは、ヌバックやスエード、スムースなどさまざまな種類の革製品があり、手入れするためのグッズも販売されているようです。ビルケンシュトックのようなヌバック素材のサンダルを家で手入れするときは、洗うだけでなく、ブラシやクロスなどの関連商品を購入してもよいかもしれませんね。



・商品によって素材が異なるキーンの場合
アウトドアだけでなくシティユースでもおしゃれに取り入れたい『KEEN(キーン)』のサンダルは人気ですよね。キーンのサンダルは、商品によって素材が異なるため洗い方に注意が必要です。水陸両用の水に強い素材もあれば、上質なレザーを使った商品もあるので、素材別に洗い方をよく確認してから手入れをしましょう。




・子ども用サンダルの場合

出典:筆者撮影

暑い夏は、靴下をはかずに使えるサンダルを履きたがる子どもは多いかもしれません。すぐ足が大きくなる時期なのでサンダルもワンシーズン限定かもしれませんが、子ども用サンダルも、洗い方に注意しながら手入れをして、キレイにはかせてあげたいですね。

■気になるサンダルの臭い。取り方が知りたい!

出典:photoAC

ここでは、サンダルの臭いの取り方をご紹介します。
・サンダルの臭いの原因とは?
素足ではくことが多いサンダル。通気性が良いのに臭いが気になる原因は、直接素足がふれることでサンダルにつきやすい汗と言われています。高温多湿の夏の気候も重なって、臭いの原因となるバクテリアなどが増えやすいのだそう。
・サンダルの臭いを消す方法
サンダルの臭いの原因となる汗をこまめに拭きとるほか、重曹が嫌な臭いの消臭に役立ちますよ。重曹は、臭いを消すだけでなく除湿効果もあるので、バクテリアが増えにくくなります。ティーバッグの中に重曹を入れてサンダルの上に置いておくだけでOKです。

■サンダルの普段のケア方法を知っておこう!
サンダルは汚れる前にケアしておくことが大切です。
・サンダルをはいた後はケアをこまめに
サンダルをきれいなまま使うためには、こまめなケアが必要。サンダルを履いた後は布で汗をふきとったり、汚れがついたときにすぐ洗剤をしみこませたタオルなどで汚れを落としておきたいですね。
・事前に汚れを予防!防水スプレーをかける

出典:photoAC

サンダルを購入したらすぐ防水スプレーをかけておくこともおすすめです。雨をはじいてくれたり、汚れがつきにくくなりますよ。1カ月ほどで効果が薄れてしまうので、定期的にスプレーをしなおしましょう。
・はかないときの保管方法はこれ
普通の靴と違って、夏が終わると長期間保管することの多いサンダル。シューキーパーや紙を使って形を整えたり、重曹を置いて除湿をしたりして保管しましょう。

■サンダルの洗い方を知って、サンダルをどんどんはこう 
夏や秋口に大活躍するサンダル。素材別の洗い方を知って、定期的に手入れをしながらどんどんはいてくださいね。

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定