ホーム > mixiニュース > トレンド > 「ナイキ」からマリーン セルやコーシェとコラボしたフットボールコレクションが登場、アンブッシュは法被風ジャージを製作

「ナイキ」からマリーン セルやコーシェとコラボしたフットボールコレクションが登場、アンブッシュは法被風ジャージを製作

0

2019年05月30日 23:22  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真フットボールコレクション
フットボールコレクション
 「ナイキ(NIKE)」が、「アンブッシュ(AMBUSH®)」のユン(YOON)、「コーシェ(KOCHÉ)」のクリステル・コーシェ(Christelle Kocher)、「メイドミー(MADE ME)」のエリン・マギー(Erin Magee)、「マリーン セル(MARINE SERRE)」のマリーン・セル(Marine Serre)ら4人のデザイナーが手掛けたフットボールコレクションを6月28日に発売する。

 フットボールコレクションは、各デザイナーがワールドカップからインスピレーションを得て製作。「Nike x AMBUSH®」からは法被を着想源にデザインしたジャージ(2万1,600円)と、スポーツブラ(5,400円)が登場する。「Nike x Koché」のジャージ(2万1,600円)はサッカージャージを再構築した非対称なデザインが特徴。エリン・マギーによる「ナイキ スタジアム ジャージ」(1万800円)では、1990年代後半に活躍したアメリカ女子代表チームを讃え、米フットボール連盟のバッジがあしらわれる。マリーン・セルは、体の形状にフィットする細身のジャージ(2万1,600円/いずれも税込)をデザインした。NIKE.COM/NIKELAB、NIKELAB MA5、その他一部の販売店で取り扱われる。
>>ナイキがパリで発表した女子W杯14ヶ国のユニフォームをチェック

    あなたにおすすめ

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定