ホーム > mixiニュース > 海外 > アサンジ被告、米引き渡し審理欠席 体調不良で

アサンジ被告、米引き渡し審理欠席 体調不良で

0

2019年05月31日 02:38  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

[ロンドン 30日 ロイター] - ロンドンの刑務所に収監されている内部告発サイト「ウィキリークス」創設者ジュリアン・アサンジ被告(47)は30日、体調不良を理由に地元の裁判所で行われた米国への身柄引き渡しを巡る審理を欠席した。


当初はビデオリンク方式で出席する予定だったが、弁護士は「体調が思わしくない」として被告の欠席を申し出た。次回の審理は6月12日に行われる。


アサンジ被告を巡っては、米司法省が23日、スパイ活動の罪で追起訴した。米国は被告が機密文書の不正入手やサイバー不正侵入などに関与したと主張し、身柄引き渡しを要求している。

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定