ホーム > mixiニュース > トレンド > アシックス、マリナーズ菊池雄星選手とアドバイザリースタッフ契約を締結

アシックス、マリナーズ菊池雄星選手とアドバイザリースタッフ契約を締結

1

2019年05月31日 21:02  Fashionsnap.com

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真菊池雄星選手 Image by: アシックス
菊池雄星選手 Image by: アシックス
 アシックスジャパンが、MLBのシアトル・マリナーズ(Seattle Mariners)に所属する菊池雄星選手とアドバイザリースタッフ契約を締結した。菊池選手はグラブ、スパイクシューズ、ウェアをはじめとする同社スポーツ用品を使用するほか、商品開発におけるアドバイス、広告やカタログ、ポスターおよびインターネットなどの電子媒体による宣伝、販売促進活動への協力などを行う。
【アシックスがアドバイザリースタッフ契約した選手】川内優輝選手(マラソン)/アンドレス・イニエスタ選手(サッカー)/ノバク・ジョコビッチ選手(テニス)/内村航平選手(体操)

 菊池選手はプロ1年目となる2010年の埼玉西武ライオンズ入団時から「アシックス(asics)」のグラブやスパイクシューズを愛用していることから、今回の契約が実現した。契約を機に、菊池選手は各アイテムを新調。スパイクシューズは、テニスなどのシューズに使われる摩耗に強い素材「PU樹脂素材」をつま先部の補強素材として採用することで軽量化と耐摩耗性向上を実現。かかと部分には4本の金具を搭載し投球動作での安定性に配慮したほか、かかる負担を軽減するためミッドソールを全面に配した。
 グラブの素材には軽量性と耐久性を併せ持つ和牛のレザーを使用。グラブを引く力を利用して投球する菊池選手に合わせ、横に閉じやすい型を採用した。親指と人差し指の間の編みを指すウェブには、菊を彷彿とさせる刻印や、菊池選手の出身地でもある東北地方の形がデザインされた。
 同社は菊池選手が使うグラブとスパイクシューズのシグニチャーモデルの展開を予定しているが、発売時期は未定だという。
■アシックス:公式サイト

    あなたにおすすめ

    ニュース設定