ホーム > mixiニュース > 海外 > 米の対メキシコ関税表明、二国間の問題=カナダ外相

米の対メキシコ関税表明、二国間の問題=カナダ外相

0

2019年06月01日 05:43  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

[オタワ 31日 ロイター] - カナダのフリーランド外相は31日、トランプ米大統領が移民問題を巡りメキシコ輸入品への関税を導入すると表明したことについて、二国間の問題であり、カナダは含まれていないとの認識を示した。


外相は記者団に対し「米国との国境問題や国境管理が米国とカナダの二国間の問題であるように、米国とメキシコとの国境問題も二国間の問題」と述べた上で、「もちろん、われわれは三国間の貿易協定の締結国であり、北米地域のパートナーシップは重要だが、それぞれの国においても二国間の問題を抱えている」と指摘した。


北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新たな貿易協定「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」批准への影響については言及しなかった。



(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定