ホーム > mixiニュース > トレンド > エスパス ルイ・ヴィトン東京でクリスチャン・ボルタンスキー展開催、「アニミタス・シリーズ」の映像2作品を上映

エスパス ルイ・ヴィトン東京でクリスチャン・ボルタンスキー展開催、「アニミタス・シリーズ」の映像2作品を上映

0

2019年06月01日 11:22  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真アニミタス(死せる母たち) Image by: クリスチャン・ボルタンスキー
アニミタス(死せる母たち) Image by: クリスチャン・ボルタンスキー
 仏アーティスト クリスチャン・ボルタンスキー(Christian Boltanski)の作品を紹介する「CHRISTIAN BOLTANSKI - ANIMITAS II」展が、エスパス ルイ・ヴィトン東京で開催される。会期は6月13日から11月17日まで。
>>クリスチャン・ボルタンスキー国内最大規模の回顧展が国立新美術館で開催

 同展はルイ・ヴィトン財団の美術館「フォンダシオン ルイ・ヴィトン(Fondation Louis Vuitton)」(以下、フォンダシオン)が展開する「Hors-Les-Murs(=壁を越えて)」プログラムの一環として開催。会場ではボルタンスキーが手掛けるアニミタス・シリーズの映像作品「アニミタス(ささやきの森)」と「アニミタス(死せる母たち)」を上映する。
 同シリーズは死者を祀る路傍の小さな祭壇へのオマージュとして、ボルタンスキーが生まれた日でもある1944年9月6日の星座の配列をなぞるよう細い棒を大地に突き刺したインスタレーション作品。これまでチリのアタカマ砂漠や、日本の豊島、ケベックのオルレアン島、イスラエルの死海のほとりといった野外で制作されており、いずれも棒は同じ配列を基本としている。
 今回公開される2作品は、各インスタレーション作品を日の出から日の入りまでワンカットで連続撮影したもので、「人間の存在の心もとなさ」や「忘却」「喪失」「記憶の脆さ」といった時の経過を表現している。
■「CHRISTIAN BOLTANSKI - ANIMITAS II」展会期:2019年6月13日(木)〜11月17日(日)場所:エスパス ルイ・ヴィトン東京住所:東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン表参道ビル 7階開館時間:12:00-20:00休館日:ルイ・ヴィトン 表参道店に準ずる入場無料公式サイト

    あなたにおすすめ

    ニュース設定