ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 山田涼介 “カノパパ”西村まさ彦から猛反対? 『もみ冬』SPキャスト決定

山田涼介 “カノパパ”西村まさ彦から猛反対? 『もみ冬』SPキャスト決定

0

2019年06月01日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真スペシャルドラマ『もみ消して冬 2019夏〜夏でも寒くて死にそうです〜』に出演する(左から)恒松祐里、西村まさ彦、山田涼介 (C)日本テレビ
スペシャルドラマ『もみ消して冬 2019夏〜夏でも寒くて死にそうです〜』に出演する(左から)恒松祐里、西村まさ彦、山田涼介 (C)日本テレビ
 人気グループ・Hey!Say!JUMPの山田涼介が主演を務める29日放送の日本テレビ系SPドラマ『もみ消して冬 2019夏 〜夏でも寒くて死にそうです〜』(後9:00)のゲストとして、西村まさ彦、北村有起哉、渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹)らが出演することが、わかった。西村は、山田演じる主人公・北沢秀作の恋人、池江里子(恒松祐里)の父親・池江英智役に起用され、秀作と里子の交際を猛反対する役柄を演じる。

【写真】長女で弁護士を演じる波瑠

 今回、2018年の1月に山田主演で放送された連ドラ『もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜』がスペシャルドラマとして復活。前作で執行猶予付きの有罪判決を受け、エリート警察官の職を失したことで東大卒だが元エリートとなってしまった秀作の恋に新たな試練が…。里子の願いで父親に会うことになる秀作だが英智は、犯罪歴のある秀作と娘の交際に反対し、別れるよう迫る。
 
 このほか、北村が演じるのは、秀作の父・北沢泰蔵(中村梅雀)のゴーストライター・尾道正平。連続ドラマの最終話で息子が犯罪者となり、経営していた都内有数の進学校を手放すことを余儀なくされた泰蔵が、そのてん末を父親として、教育者として綴り、大ベストセラーとなった本を、実は裏で書いていたという役柄。

 そして渡辺は結婚相談所のコーディネーター・別府役に起用。北沢家の長女・知晶(波瑠)を慕う、秀作の後輩・尾関光希(小瀧望 ジャニーズWEST)が、知晶を追って通うことになる結婚相談所の担当者でここでもまた波乱の予感が…。

 なお、日テレ公式YouTube上に開設された『もみ冬ちゃんねる』では、スペシャルドラマの放送当日まで毎週土曜日正午に、出演者たちの動画を配信。今回は、北沢家の3兄弟を演じる山田、波瑠、小澤征悦の3人が登場し、連ドラ撮影時の裏話に花を咲かせる『北沢家の裏トーク』の第3弾や、『もみ冬スクープ(1)』と題し、中村梅雀演じる父・泰蔵のゴーストライター疑惑にスクープ記者(青木源太・日テレアナウンサー)が迫る動画などの配信がスタートした。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定