ホーム > mixiニュース > 海外 > ユーロポール、密売業者から生きたカメやワニなど数千匹救出

ユーロポール、密売業者から生きたカメやワニなど数千匹救出

1

2019年06月04日 11:33  ロイター

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[ブリュッセル 3日 ロイター] - 欧州警察機関(ユーロポール)は3日、財布やハンドバッグなどに使うため密売しようとした、カメやワニなどの生きた爬虫(はちゅう)類を数千匹救出したと明らかにした。


イタリアで6人、スペインで6人が、生きた動物の違法売買に関わった疑いで逮捕された。


ユーロポールの担当者は「野生動物の密売は近年著しく増加しており、毎年、数百万ユーロに相当する数千匹の爬虫類が押収されている」と説明。「さまざまな対策にもかかわらず、環境犯罪の脅威は依然として大きい」と述べた。


今回押収されたのは、カメ2703匹、ヘビ1059匹、トカゲ・ヤモリ512匹、ワニ20匹。ハンドバッグや財布、腕時計のベルト、薬など動物由来の商品も押収された。

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定