ホーム > mixiニュース > 海外 > 米連邦地裁、壁建設の予算転用阻止を目指す民主党の訴え却下

米連邦地裁、壁建設の予算転用阻止を目指す民主党の訴え却下

0

2019年06月04日 13:34  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[ワシントン 3日 ロイター] - 米首都ワシントンのあるコロンビア特別行政区連邦地方裁判所は3日、トランプ大統領による国境の壁建設のための予算転用を阻止する目的で下院の民主党議員が起こした訴訟を却下した。


連邦地裁のトレバー・マクファデン判事は、下院には予算転用を巡ってトランプ米大統領を訴える法的権利がないとの判断を示した。


「下院議員は憲法に基づき多くの権限を与えられている」とした上で、議会が立法権限が弱められることを理由に行政部門を提訴する権限は与えていないと指摘。「このことから、地裁は下院の主張を審理する権限を欠き、訴えを却下する」とした。


下院民主党は、予算の転用は憲法で定められた三権分立の原則に反すると主張していた。


司法省の報道官は地裁の判断について声明を発表し、「下院は政治的な対立を巡り司法に支援を求めることはできず、また憲法で与えられた手段によって達成できないことを連邦裁判所を利用し訴訟を通じて達成することはできないことを適切に示した」と歓迎した。


ペロシ下院議長の報道官は、地裁の判断を精査した上で民主党は上訴するかどうかを決定すると述べた。


一方、カリフォルニア州の連邦地裁の判事は5月24日、壁建設のために10億ドルを他の予算項目から回すという政府の計画は議会の権限を侵害すると判断し、計画停止の仮処分を命令。同月30日には予算転用の差し止め命令に対する政権の異議申し立てを却下した。[nL4N2364OT]




(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定