ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 曲たちに込めた“七情”が舞っていく…名古屋発・4人組バンド「ペンギンラッシュ」

曲たちに込めた“七情”が舞っていく…名古屋発・4人組バンド「ペンギンラッシュ」

0

2019年06月04日 16:40  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR TRAX」。J-WAVE がプッシュしている楽曲20曲の中から毎日1曲をピックアップして掘り下げ、今聴くべきアーティスト、ネクストブレイクアーティストを紹介。6月3日(月)のオンエアでは、ペンギンラッシュの『アンリベール』をピックアップしました。


■名古屋発男女4人組みバンド

ペンギンラッシュは、2014年に結成された名古屋出身の4人組バンド。メンバーは、望世さん(Vo/Gt)、真結さん(Key)、浩太郎さん(Ba)、Narikenさん(Dr)の4人。そんなペンギンラッシュは、6月5日(水)にセカンドアルバム『七情舞』をリリースします。まずは、バンド結成の経緯をお訊きしました。

望世:ペンギンラッシュは、高校生のときに私とキーボードの真結が出会い、始めました。卒業をした辺りからメンズメンバーがサポートで入るようになり、正規メンバーになりました。そして、ペンギンラッシュが生まれました。私と真結が通っていた高校の軽音部の顧問がジャズピアニストで、ネオソウルやそのあたりの音楽をいっぱい教えてくれたところから影響されています。
Nariken:高校生で? すごいね。


■“七情”とは……

セカンドアルバム『七情舞』、このタイトルにはどんな意味が込められているのでしょうか。

望世:人間の感情は、「喜怒哀楽」と言われていますが、人間ってその4つの感情だけでは無理だと思っていて。今回収録されている“七”という数字を何かに使えないかと考えて、“七情”という言葉を見つけて……。
Nariken:七情って、もともとある言葉なんだね。
望世:それぞれの曲たちに込めた感情が舞っていくような、そんなイメージでタイトルをつけました。

七情とは7種の感情のことで、仏教では、“喜・怒・哀・楽・愛・悪・欲“を意味します。そんなアルバム『七情舞』の中で、今回「J-WAVE SONAR TRAX」に選ばれたのは『アンリベール』。どんな曲になっているのでしょうか。

Nariken:サウンド面では、ペンギンラッシュの中ではちょっと珍しい疾走感のあるような曲になっていると思います。それを楽しんで聴いてもらいたいです。
望世:聴く人、それぞれによって違っていいものだと思うので、みなさん、自分なりの解釈をしていただければなと思います。


番組では、ペンギンラッシュの『アンリベール』をオンエアしました。

曲を聴いたあっこゴリラは、「エレピの音、個人的に久しぶりに聴いた感じがしたけど、やっぱかっこいいですね〜。エレピいいな、心地いいですね」と感想を述べました。

そんなペンギンラッシュは、来月、東京でのライブが予定されています。

望世:7月5日(金)、 東京・代官山「SPACE ODD」でライブをします。このライブは、レコ発になるんですが、この日は「showmore」さん、「集団行動」さんに出ていただきます。普段からよく聴くお二方なので、楽しみです。いい1日になるんじゃないかなと思います。

詳しくは、ペンギンラッシュの公式HPをぜひチェックしてみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定