ホーム > mixiニュース > 海外 > 米・メキシコ、5日午後に関税巡り協議=当局者

米・メキシコ、5日午後に関税巡り協議=当局者

0

2019年06月05日 06:21  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

[ワシントン 4日 ロイター] - トランプ米政権が不法移民問題を理由にメキシコに制裁関税を課すと表明したことを巡り、米、メキシコ両国は5日午後3―4時ごろをめどに協議を行うことになった。米当局者が4日明らかにした。


これに先立ちホワイトハウスの報道官は、ペンス副大統領が5日、メキシコ政府高官らを招き、協議を行う見通しだと発表していた。


メキシコのエブラルド外相によると、メキシコ側は5日に移民問題に関する提案を示す予定で、この提案が交渉のたたき台になることを期待しているという。


トランプ大統領は前週、メキシコ国境からの不法移民流入に同国が十分に対応していないとし、6月10日以降メキシコからの輸入品すべてに5%の関税を課し、移民の流入が止まるまで関税率を段階的に引き上げると表明した。


*内容を追加しました。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定