ホーム > mixiニュース > 海外 > 米上院共和党、対メキシコ関税支持しない可能性 有力議員警告

米上院共和党、対メキシコ関税支持しない可能性 有力議員警告

0

2019年06月05日 08:37  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[ワシントン/ロンドン 4日 ロイター] - 米上院共和党の有力議員らは4日、トランプ大統領が提案した対メキシコ制裁関税について、同党は支持しない可能性があると警告した。一方、大統領は議員らが阻止に動くのは「愚かな行動」と述べてけん制した。


共和党議員らは非公開でホワイトハウス法律顧問の側近と昼食会を開き、トランプ氏が来週に発動する構えの対メキシコ関税について懸念を伝えた。


ロン・ジョンソン上院議員はホワイトハウス側に、トランプ氏がメキシコ国境の壁建設費確保に向けて国家非常事態宣言を発令した際と同程度の支持を今回も共和党から得られると期待してはいけないと警告した。ジョンソン氏は記者団に「われわれはあまり関税を好ましいと思っていない」と述べた。


国家非常事態宣言を無効にする決議案は3月に議会を通過。ただ、共和党が多数派を占める上院で同党から造反した議員は12人にとどまった。大統領はこの決議案に拒否権を発動している。


上院共和党ナンバー2のスーン議員は記者団に、共和党議員にとって、対メキシコ関税は国家非常事態宣言よりも承認が難しいとの見方を示した。


トランプ氏はこの日、訪問先の英国で、対メキシコ関税導入計画を「議会共和党が阻止するとは思っていない。阻止すれば愚かなことだ」と述べた。


大統領は先月末、メキシコ国境からの不法移民流入に同国が十分に対応していないとし、6月10日以降メキシコからの輸入品すべてに5%の関税を課し、移民の流入が止まるまで関税率を段階的に引き上げると表明した。


この問題を巡りメキシコの高官らはワシントン入りして協議を開始。ただ、トランプ氏は、予定通り来週からすべてのメキシコ製品に関税を課すことになるだろうと述べている。


共和党のマコネル上院院内総務は対メキシコ関税を無効化するための採決を行うかという質問には直接答えず、上院共和党内での支持は「さほどない。われわれは実施されないことを望んでいる」と述べた。


民主党上院トップのシューマー院内総務は、強い反対があればトランプ氏は関税の提案を「撤回」するだろうと予想。また、トランプ氏が発動の手続きを進めれば議会では関税を無効化する決議の採択に向けた動きがあると見通した。

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定