ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > いきものがかり・水野良樹が「人生最大の怒り」を感じた理由

いきものがかり・水野良樹が「人生最大の怒り」を感じた理由

0

2019年06月05日 17:50  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(月曜担当ナビゲーター:水野良樹)。6月3日のオンエアでは、仮面浪人をしていた頃の苦悩を話しました。


■目標は「毎日、喫茶店に行くこと」だった

水野は頻繁に喫茶店を利用します。原稿を書くことが多く、1日で6、7軒の喫茶店をはしごしているのだとか。

水野:この間、ツイッターで「4軒目だ」ってツイートしたら、後輩のwacciの橋口(洋平)くんが「僕も4軒目です」って“同士です”みたいな感じできたから、僕は何の皮肉もなく普通に「まだまだ序盤だね」って返したら、「先輩、それはないですよ」って(笑)。

水野にはかつて、仮面浪人をしていました。当時は勉強とバイトの両立でお金がなく、喫茶店で勉強する予備校生がとにかく嫌いだったのだとか。

水野:そのとき、「僕はいつか毎日、喫茶店に行けるくらい稼いでやる」って、心に決めたんです(笑)。それを今、実行していて、喫茶店には金の糸目をつけない、なんだったら喫茶店のフランチャイズをしてもいいというくらいに思ってます(笑)。

喫茶店に行くお金がなかった仮面浪人時代は、昼食代も抑えていました。

水野:予備校の授業も何個も取れないから、自分が厳選した授業を選んで代々木の予備校に通ってました。代々木のスクランブル交差点のところにファストフード店があって、当時は60円ぐらいのハンバーガーを売ってました。予備校の会員証を持ってると100円でポテトが食べられるということで、160円でご飯を成り立てていました。親からはご飯代として500円をもらってたけど、その500円は参考書にまわしていました。

がんばれ、と声をかけたくなるようなエピソードです。そんな水野はある日、腹の立つ光景を目撃しました。

水野:予備校の席にいたら、当時500円くらいしたテリヤキバーガーセットを持って、僕が受けたかったけど受けれなかった有名な先生の夏期講習のテキストを5、6冊、僕の隣の席に置いたやつがいて。そいつは昼から通っている予備校生で、「これだけクラスをとっても(結局)さぼっちゃうよね」って言ってたんです。そこで僕は人生最大の怒りを感じて(笑)。「僕は絶対に、喫茶店やファストフード店に毎日行けるくらい稼いでやろう」と。そして、「こいつよりは絶対にいい大学に入ってやろう」ということを思うような人間だったんです。だから、受験生からメールが届くといろいろな思いがこみ上げてきます。

このトークのあとで、まさに“仮面浪人中”というリスナーからのメールを紹介しました。

「僕は今、仮面浪人中です。でも将来はバンドデビューを目指しています。早くバンドをやりたい反面、目標の大学に入って、スッキリした気持ちでバンドをやりたい気持ちがあるのが現状です。偶然にも、水野さんと在学大学、目標大学、学部が全て同じです。水野さんはこの時期、どのような気持ちで勉強していましたか?」

水野:これはちょっと甘いんじゃないかって、36歳の水野良樹は一瞬思ってしまいました。ただ冷静になって振り返ってみると、18歳の自分も全く同じことを考えていて、甘い考えでいました。ですから、この方のことを責める資格はありません(笑)。「僕もこういう感じだったんだな」って思ってます。今、僕から言えることは、頑張って受験勉強して受かってください!


■意表をついた関取 花のコラム

「SPARK HIROBA」のコーナーでは、新しい企画の話をしました。「HIROBA」は月曜『SPARK』と水野が立ち上げたプロジェクト。考えること、つながること、つくることをもっと豊かに楽しみたいという思いのもと、いろいろなアーティストやクリエイターとの交流を楽しく自由に深く行うための場をつくり上げていく、実験的な試みです。

「HIROBA」のサイトには記事が続々とアップされています。最近、関取 花さんの連載が始まりました。水野が関取さんに会ったのは2回だけでしたが、オファーしたのには理由がありました。

水野:わずか2回会ったときの会話や、彼女の受け答え、ユーモアだけでなく聡明さを感じたというか。返しが早くて、しかも会話がどんどん前に進んでいくというか、この子すごいなと思ったんです。いつか何かでご一緒できたらと思っていたところで、「文章を書くことが好きで、そういうお仕事もどんどんやっていきたい」とツイートしているのを見て、オファーしてみようかなと思いました。

「HIROBA」は水野が全ての企画に関わらなくても、水野自身が尊敬できる人、面白い人に連載してもらい、自分の想像を超える広がりができたらとの思いで、第一弾を関取 花さんにお願いしたそうです。

水野:一発目のコラムが予想外の方向に行っていて、もっとハートウォーミングな感じでくるかと思っていたら、まさかの体重計の乗り方について、イラスト付きの数千文字の原稿が送られてきました(笑)。これがまた笑えるんですよね(笑)。

ぜひ「HIROBA」のサイトでチェックしてみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SPARK』
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/spark

    あなたにおすすめ

    ニュース設定