繰り返される母親の離婚宣言、娘が振り回されないために

1

2019年06月05日 20:21  ノーツマルシェ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ノーツマルシェ

6月第3日曜は父の日。母娘関係改善カウンセラーの筆者のところに来る相談者さん(クライアントさん)は、実は、父親が嫌いだという方が少なくありません。


 


■母から父親の悪口を連日聞かされて…


相談者さんが言うには、子供の頃は好きだったけれど、小学生高学年あたりからだんだん嫌いになった。さらには、今では憎んでいるという方も。なぜ高学年あたりで嫌いになったのか。それは、当時、母親から父親の悪口を聞かされるようになったからだと言います。


そのような方たちの母親の口癖は、「今はあなた(達)が小さいから、お母さんは我慢しているけれど、いつかあなたが大きくなったらお父さんとは離婚するからね」という内容です。


何度もその言葉を聞かされた娘達は、子供ながらも「お母さんはかわいそうだ」と思い込み、父親を憎むように。相談者さんの中には、「自分が早く働いて自立すれば、お母さんは離婚できる」と考えて大学進学を断念しようと思ったという方もいます。


 


■離婚する気などまるでない母親


ところが娘が成長し、社会人になっても一向に離婚する気がない母親……。これも相談者さん達の母親に共通している点です。相変わらず、夫婦喧嘩をしては父親に対する愚痴を娘に聞かせる母親。ですが、状況を変えようという意思が見られません。


娘が「お母さん。私はもう働いているのだから、これ以上、お父さんに我慢する必要はないんだよ。離婚したら?」と言っても、母親はあいまいな返事。さらには「そんなにお父さんと別れさせたいの?」と逆切れする母親もいます。それどころか、ときには夫婦で旅行や食事に行くこともあるというのです。たしかに熟年離婚は増加傾向にありますが、いざ実行するとなれば、今の生活を維持するのは困難になります。また世間体を気にする人にとっても、離婚は高いハードルです。


母親が、離婚について本心から言っていないのであれば、娘がそれに付き合う必要はありません。あなたが、状況を何とか良い方向に変えようとして、親身になって母親の相談にのろうとしても、母親本人にその気がなければ何もできません。その時々の感情でものを言う母親に、これ以上振り回されないようにしましょう。


[執筆:真香(母娘関係改善カウンセラー)]


このニュースに関するつぶやき

  • 配偶者が親として子供に対して問題な言動をすれば子供を守ればいい それ以外は夫婦の問題 夫婦仲がどうであろうと子供に配偶者の愚痴や陰口を吹き込む親のほうが問題。
    • イイネ!1
    • コメント 18件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定