ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 藤原竜也「『竜也やろう』と言われた」 “恩人の娘”蜷川実花監督と初タッグ

藤原竜也「『竜也やろう』と言われた」 “恩人の娘”蜷川実花監督と初タッグ

0

2019年06月07日 11:11  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真主演の藤原竜也
主演の藤原竜也

 映画『Diner ダイナー』ジャパンプレミアが6日、東京都内で行われ、出演者の藤原竜也、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、金子ノブアキ、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二と蜷川実花監督が登壇した。

 平山夢明氏の小説を映画化した本作は、殺し屋専用の食堂(ダイナー)を舞台とした物語。店主で元殺し屋の天才シェフ・ボンベロを藤原が演じ、迷い込んだウエートレス・オオバカナコ役を玉城が務めた。

 1997年に故・蜷川幸雄さん演出の舞台『身毒丸』で俳優デビューした藤原。“恩人の娘”である蜷川実花監督との初タッグについて「実花さんに『竜也やろう』と言われたら、断る理由って何一つ見つからない。撮影は本当に大変でしたが、感慨深いというか、妙な縁を感じるというか。僕の人生にとって、とても貴重な時間を過ごさせていだきました」と熱い思いを口にした。

 蜷川監督も「竜也と一緒にできたことはとても大きなことだった。うれしかった」としみじみ。藤原と初共演となった玉城も、「メディアのイメージがあり、独特な“藤原節”というのを常に持たれている方だと勝手に思っていたが、オンオフがすごくはっきりされてる方で、舞台を降りるととても優しかった。ボンベロさんが藤原さんで本当に良かったです」と話した。

 一方の本郷は、藤原について「子役の子とゲームで遊んでいて『なんてほほえましい光景なんだ』と思っていたら、藤原さんが勝った時にいきなり『ヨッシャー!!』と喜んでいたのが印象的だった。命懸けたゲームぐらい喜んでいた」と意外な一面を暴露。藤原は「そんな喜んでないから…」と恥ずかしそうに笑っていた。

 映画は7月5日から公開。


もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定